バドミントン部

サブメンバーで大健闘!!女子優勝!!!

12月14日、城陽市民体育館に於いて京都府総合団体戦が行われた。龍大は今年も例年通り、レギュラー以外の選手を中心としたチームで出場、レギュラー選手たちに引けを取らない団結を見せた。

<京都府総合バドミントン団体選手権大会 12月14日 (城陽市民体育館)>

結果:
男子 団体 予選リーグ2位
メンバー:
八谷貴宏(済3)、中村洸太(短1)、畠山工(営1)、的場友宏(政1)、峰将大(法1)、村瀬夢之介(法1)

女子 団体 優勝
メンバー:俣村鈴(政3)、玉木沙也華(社3)、公受美帆(営2)、翠簾屋乃梨子(政2)、小見山彩(法1)、三宅彩加(国1)

≪男子≫
予選リーグ1回戦は社会人チームAJCWizardsと対戦、3-0と力の差を見せつけて勝利する。続く2回戦は、日本リーグ2部2位の実業団である三菱自動車京都Bと対戦することとなった。勝負所であった第1ダブルスの中村洸(短1)・村瀬(法1)は、第2ゲームをデュースまで持ち込んだが、あと一歩及ばず敗戦。第1シングルス的場(政1)は、チームの危機を救うべく必死の粘りを見せたが、先日の全日本総合を戦ってきた常山のキレのあるショットを拾いきることはできなかった。最後に第2ダブルス峰(法1)・畠山(営1)が接戦を制し、一矢報いるかたちで試合は終了。惜しくも決勝トーナメント進出はならなかった。

≪女子≫
予選リーグで圧倒的な力を見せつけ、決勝トーナメントへ。同志社大学Aとの対戦では、第1ダブルスの玉木(社3)・小見山(法1)がファイナルゲームにもつれ込む接戦を繰り広げるも、終盤の粘り虚しく惜敗。しかし、第1シングルス公受(営2)が余裕を持って勝利し、沈みかけた空気を払拭、望みを繋げる。第2ダブルス俣村(政3)・翠簾屋(政2)は、プレッシャーからか第1ゲームはペースが掴めなかったが、第2・第3ゲームではしっかりと点数を抑えて決勝進出を決めた。

決勝戦では立命館大学と対戦。第1ダブルスの公受・小見山が相手のスピードを上回る迫力のプレーで勝利すると、第2シングルスに再び小見山が登場。疲れを感じさせないプレーを繰り広げるも、立命岡崎が驚異の粘りを見せ、苦戦を強いられる。それでも動じることなく後半を立て直し、途中隣のコートで試合を始めた第2ダブルス俣村・翠簾屋が第1ゲームを押さえたところで、勝利。二連覇に大きく貢献した。

ページの先頭へ

ページの先頭へ