バドミントン部

【バドミントン部男子】全国一という目標へ一歩前進

8月28日から30日にかけて北九州市立総合体育館において第57回西日本学生バドミントン選手権大会・団体戦が行われ、緊迫する試合もあったが上級生がしっかりと勝ち星を重ねていき、そこに下級生の力が加わり見事今大会3連覇を果たした。

龍大男子バドミントン部は3連覇がかかる今大会で初戦からストレート勝ちを収めるなど連覇を実現するだけの実力を有している事を魅せた。しかし準々決勝の立命館戦で気の緩みからか今大会初めてのセットカウントを落としてしまう。気を引き締め直して準決勝へと選手たちは向かった。
写真 本田中島
【写真】堂々としたプレーを見せた本田(営1)・中島(営2)ペア

迎えた準決勝の相手は、1,2年生が中心で新進気鋭の敬和学園大学。古財コーチが「ひとつ今大会の山場」と語ったように試合展開は緊迫したものとなった。第1Sの清水(営4)は、要所でスマッシュが決まり、ストレート勝ちを収める。しかし続く第2Sの中村(文4)が相手に13連続得点を決められるなど試合の主導権を握られてしまい、ストレート負けを喫してしまう。第1Dの成富(法4)・内田(政4)ペアは、第1セットを落とすものの第2セットを手堅く勝利し、第3セットでは、一時逆転を許すもここは最高学年の意地を魅せ22-20で勝利する。この流れに乗り第2Dの中島・本田ペアは、粘り強い試合運びとポイントを決めると自らを鼓舞するかのように雄叫びを上げ、ストレート勝ちを決め、これにより決勝へと龍大は駒を進めた。
円陣 男子
【写真】試合前に円陣を組み、喝を入れる選手たち

連戦となる決勝戦であるが、条件は相手も同じであり連覇のかかる龍大は、準決勝でのムードそのままに臨んだ。決勝の相手は、関西のリーグ戦でも顔なじみの関学大のためお互いに手の内は分かりきっている。第1Sの内田は、出だしこそつまずくが、その後は徐々に試合を有利に進めていき、場の雰囲気を作った。第2Sの清水も上級生の責務を果たし、チームに勝利をもたらした。ゲームカウント2-0で迎えた第1Dの中島・本田ペアは、互いにミスをしても声を掛け合い、試合の流れを相手に渡さずにストレート勝ちを収め、見事龍大男子バドミントン部は3連覇を達成した。
写真 清水
【写真】上級生としてきっちりと勝ち星を抑えた清水

「選ばれているベンチにいる子たちはチームを代表しているので、チームを背負う難しさとかそういう背負っているからこそというものをコートの中で表現してくれればなと思います」と言った古財コーチの言葉通り、各自の役割をしっかりとこなしていき、それをコート上で表現した。またベンチ外の選手も応援という形で今回の3連覇という偉業に貢献したと言って過言ではないであろう。この団結力で秋リーグも勝ち星を重ねていってもらいたい。
写真 全体 バド
【写真】連覇を果たした選手たち

〈古財コーチのコメント〉
「(29日) 準備はそれ相応にさせてきているので本来の力を出せばというところはあるのですが、やっぱり試合ですので本来の力を出す難しさをこういう機会で感じてくれればと思います。楽に楽に勝っていくと緊張感は生まれてこないので気の緩みからセットを取られたというのを見て、何かを全員が感じなければいけないと思います」

「(30日) 選手たちが全日本インカレを目標にしているので、ここで満足することなく次にしっかりつなげてほしいなと思いますし、まだまだ成長しないと勝てないなと感じてほしい。(秋リーグでは) 例年西日本大会の個人戦でだいぶ疲れが出て、主力が怪我とかになるのでベンチに入った子や入ってなかった子を中心に戦おうかなという感じです。下の子が盛り上がる事で上の子も場所を取られないようにもっと努力もするでしょうし、そういうところでもうひと伸びさせないといけないのかなと思います」

〈清水主将のコメント〉
「(29日)全日本で優勝するためにはここの大会は絶対優勝しないといけないので、今のところ気は負っていないです。(準決、決勝を)3-0で勝てるように出だしからしっかり準備していきたいと思います」

「(30日)インカレもしっかり4年生が主役となって頑張れるようにしっかり準備していきたいです。秋リーグも絶対勝てるという保証はないので、一つ一つの試合をなめないでしっかりと準備していきたいと思いますし、応援の部分でも課題があったので全員で臨めるようにしていきたいと思います」

〈本田・中島ペアのコメント〉
「(中島)緊張感もあったがペアのおかげでスマッシュなどしっかり打てたのでよかったと思います。西日本団体で出してもらえ、ちゃんと勝てたので関西リーグもしっかり出て、チームに貢献出来るように頑張りたいです」

「(本田)ベストフォーマンスを出せるように準備してきたので、恐れる事なくのびのびプレー出来た事でチームの勝利に結びついた事がよかったと思います。秋リーグまでの期間も大切にしながら、ここで勝っておごらず、チャレンジャー精神をもってまた1からやっていきたいです」

(龍魂編集室 記事/写真 上村輝、上原航輔)
龍魂編集室では現在新入部員を募集中!
興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

絶好調の龍大!全種目で頂点に!!(京都府総合選手権)

京都の高校生から実業団・社会人まで、カテゴリーを越えて戦われる京都府総合バドミントン選手権大会。ベスト8以上には全日本総合選手権大会に繋がる、近畿総合選手権大会への切符が与えられる。レベルの高い激戦の中、男子単・複、女子単・複、混合複の5種目全てで頂点をつかみ取り、龍大チームの存在を強くアピールした。
バド京都選手権
(結果)
男子シングルス  優勝    本田大樹(営1)
準優勝   田中佑貴(営2)
ベスト4  成富勇太(法4)

ダブルス      優勝    内田裕太郎(政4)・成富勇太(法4)

女子シングルス  優勝    朝岡依純(法3)
準優勝   嶺井優希(政4)
ベスト4  森みず穂(営4)

ダブルス      優勝    朝倉みなみ(政2)・斉藤ひかり(営2)
準優勝  牟田香菜子(法4)・山藤千彩(政4)
ベスト4  落司実瑠(法2)・大谷真代(短2)
嶺井優希(政4)・志波寿奈(政1)

混合ダブルス    優勝    坂口拓未(営3)・牟田香菜子(法4)
準優勝  内田裕太郎(政4)・山藤千彩(政4)
ベスト4  大崎広裕(済1)・毛利未佳(法3)

(優勝者のコメント)
○男子シングルス
大学生になってから、周囲に期待されながらもこれまで試合でいい結果が残せていませんでした。今回の大会では謙虚な気持ちとチャレンジ精神で戦えたことが良かったと思います。準決勝と決勝戦の試合は、試合数を重ねていたので、体力的にも精神的にもきつかったですが、龍谷大学を背負っているという気持ちで苦しい時も踏ん張ることが出来ました。優勝できた時は、龍谷大学やチームメイト、両親や応援してくださる皆様に恩返しできたという気持ちでした。次の大会(西日本選手権)も試合数が多いので、それまでに体力強化やメンタル強化していき、3冠できるように頑張ります。

○男子ダブルス
3連覇がかかっていた中でこのペア(内田・成富)で出る最後の京都総合だったので優勝できてよかったです。次の西日本大会では龍大で団体アッベック優勝、個人戦4種目全て制覇できるように頑張ります。

○女子シングルス
優勝できて素直に嬉しいです。準決勝は相手のショットに苦しんだ場面が多く、対応に悩みました。2ゲーム目取られたけれど、3ゲーム目に切り替えてコートに入れたのが良かったと思います。この結果に満足せず、西日本、インカレに向けてさらに練習に励み、いいパフォーマンスが発揮できるようしっかり準備したいと思います。

○女子ダブルス
決勝戦は4試合目ということもあり体力的にも精神的にもきつかったです。その中でも、試合を楽しもうと2人で話し合い、それぞれがしっかりと自分の役割を果たせたことが優勝に繋がったと思います。これからの試合は長期日程になってくるので、最後まで戦いきれる体力・精神力を鍛えたいです。この試合で出場権利を得た近畿総合では優勝を目標に、全日本総合出場を目指します。

○混合ダブルス
優勝を狙っていたので素直に嬉しいです。決勝の同校対決は相手のレベルが急に上がり長いラリーになることが増え苦しかったです。そこで恐れずに相手に立ち向かっていくこと、我慢してミスをせずに攻めて行くことを心がけました。ここで満足せずに次の近畿総合でも優勝を狙います。

【男子シングルス、女子シングルス、女子ダブルスの3冠奪取!!】

関西学生のシングルス、ダブルスNO1を決める関西学生選手権大会。春リーグでレギュラーとして活躍した選手に加え、出場できなかった紙一重の実力者たちが競うハイレベルな闘いに約50名の龍大勢が挑んだ。

関西学生バドミントン選手権大会
6月22日、23日、24日、28日、29日
(大阪市中央体育館・東淀川体育館)

(結果)
男子シングルス
優勝    清水智彦(営4)
ベスト8  中村大志(文4)、本田大樹(営1)
男子ダブルス
3位    坂口拓未(営3)・川原祥人(政3)
ベスト8  中島拓哉(営2)・本田大樹(営1)
女子シングルス
優勝    朝岡依純(法3)
3位    毛利未佳(法3
ベスト8  森みず穂(営4)、山藤千彩(政4)
牟田香菜子(法4)、嶺井優希(政4)
女子ダブルス
優勝    牟田香菜子(法4)・山藤千彩(政4)
準優勝   朝倉みなみ(政2)・斉藤ひかり(営2)
3位    毛利未佳(法3)・野田千遥(政3)
ベスト8  田中瑞穂(法4)・志水美穂(文4)
種岡遥(政2)・米山麻美(済2)

<男子>
男子シングルスベスト8に駒を進めたのは今大会2連覇中の清水(営4)、中村(文4)、本田(営1)の3人。その中で清水が大会3連覇に向けベスト4に進んだ。
準決勝、清水は京都産業大学のエース曽根と対戦。序盤曽根の力強いショットのまえに苦戦する場面もあったが、1・2ゲーム共に中盤から、持ち前のレシーブ力とラリー力で相手をコート前後左右に振り回し圧勝した。そして決勝。相手は今大会で成富(法4)、本田を破って勝ち上がってきた近畿大学のエース馬場。接戦が予想されたが、連日連戦の疲労からか馬場の動きが悪い。一方の清水にも疲れはあったはずだが、それを感じさせない動きを見せ、終始相手を翻弄し圧勝。見事関西選手権3連覇という偉業を成し遂げた。
男子ダブルスベスト8に駒を進めたのは3回生ペア坂口(営3)・川原(政3)と若手の中島(営2)・本田ペアだ。その内、坂口・川原ペアが準決勝へ進出。相手は関西学院大学のエースペア池田・石川。1ゲーム目序盤から早い展開のラリーが続く。中盤まで競り合うものの、終盤ミスが出て1ゲーム目を落としてしまう。しかし2ゲーム目、後がない坂口・川原は思い切り良く攻め続ける。さらに長いラリーもものにし、終始攻撃のペースを緩めず2ゲーム目を大差で奪った。迎えた勝負のファイナルゲーム。勝ちを意識した坂口・川原は序盤ミスで点数を与え追う展開となった。終盤追い上げを見せるも相手の我慢強いプレーの前に惜しくも敗れた。
今大会、龍谷大学として層の厚さを見せることができた。これから夏に向けて西日本インカレ、全日本インカレと試合が続く。個人戦での活躍はもちろん、団体戦での団結力に期待したい。

<女子>
今回、龍大女子はベスト8にシングルス6名、ダブルス5組が進出。そして、同校対決もある中、シングルス2名、ダブルス3組がベスト4に進出した。
シングル準決勝第1試合は、毛利(法3)が立命館大のエース結城と対戦。互角のラリーを展開するもののミスで1点を重ねる事ができず敗退。もう一方は順当に勝ち上がった朝岡(法3)と準々決勝で嶺井(政4)を破る金星を上げた関西学院大のエース重信の対戦。一進一退の競り合いなった第1ゲームを逆転で奪った朝岡が、第2ゲームは主導権を握り一方的なラリー展開で決勝に駒を進めた。
決勝戦、朝岡の第1ゲームは準決勝と同様の展開。シーソーゲームが続く中、終盤、朝岡の思い切った攻めのプレーが点数へ繋がり21-19で第1ゲームを奪う。第2ゲームに入っても攻めの姿勢は変わらず、要所でクロススマッシュが決まり更に勢いづくと、得意のネットプレーに持ち込もうとする相手の仕掛けに対しても冷静に対処。最後、ストレートスマッシュを相手コートに突き刺した朝岡が21-10で嬉しい関西選手権初優勝を飾った。
ダブルス準決勝は第1シードの野田(政3)・毛利の3回生ペアと牟田(法4)・山藤(政4)の4回生ペアの同校対決。優勝したい両者の強い思いがぶつかり合う激しいラリーとなったが、詰めの厳しさ、正確さに勝る牟田・山藤が決勝進出。逆サイドは関西新人優勝の朝倉(政2)・斉藤(営2)と関西学院大の結城・佐々木ペアの2回生対決。第1ゲーム序盤相手にリードされる場面もあったが、相手の強引な攻めに対し守備からのカウンター攻撃が冴え逆点に成功、流れをつかみ17点と13点で勝利。
決勝戦は長いラリー戦にもつれる場面はあったものの牟田・山藤の勢いは止まらなかった。第1ゲームはお互いに山藤、朝倉の攻撃力を活かしながら、牟田、斉藤が前衛で揺さぶりかけるといったような展開になった。両者1歩も譲ることなくゲーム終盤まで点数はもつれたが、牟田・山藤の最後まで攻撃の手を緩めず相手を追い詰め21-19でこのゲームをものにした。第2ゲームでは牟田・山藤の勢いがさらに増し、序盤から力強いスマッシュと緩いドロップを混ぜた緩急のあるプレーで相手を翻弄。また速いローテーションで隙を作らず終始このゲームを支配し21-13で勝利。こちらも関西選手権初優勝を飾った。
今大会は個人戦ではあったがチームとして総合力が大切としている宮崎監督にとって、普段リーグに出ていないメンバーがこの大会で上位に食い込んだ事はインカレ団体優勝に向け朗報となっただろう。今後彼女達の飛躍する姿から目が離せない。圧縮関西選手権

【バドミントン部】日本のトップクラスへチャレンジ!

日本ランキング上位32名でのトーナメント戦、日本ランキングサーキットに龍谷大学から8名が出場し、日本リーガーを破りベスト16に進出する検討を見せた。

 

〈結果〉

女子シングルス

ベスト16 嶺井優希(政4)

 

女子ダブルス

ベスト16 毛利未佳(法3)・野田千遥(政3)

 

〈本文〉

世界団体選手権のため不参加の選手はいたものの、日本ランキング上位32名による日本最高レベルの大会に、龍大から男子複1ペア、女子単3名、女子複1ペアがチャレンジした。

過去1回戦を突破しベスト16入りしたことがなかったが、女子シングルスで嶺井(政4)が永田(北都銀行)に2-0で快勝、朝岡(法3)も昨年の龍谷のエース下田(広島ガス)とファイナルゲームの大接戦を繰り広げた。

女子ダブルスでも毛利(法3)・野田(政3)も格上とみられた江藤・山口(岐阜トリッキーパンダース)に2-1で競り勝つ金星を上げた。卒業生も活躍、下田がベスト8、杉野(七十七銀行)がベスト16入り。MIXダブルスでも牧野(七十七銀行)がベスト8に、植田(AC長野パルセイロBC)がシードペアを破りベスト16に進出した。

 

・嶺井選手のコメント

1回戦の相手は実業団選手とはいえ、同い年の選手だったので大学生も実業団も関係ないと思いました。失うものは何もないと思って自分の今できることを後悔のないように、この大きな大会で発揮したい気持ちと、絶対勝ちたいという気持ちで戦いました。2ゲーム目の中盤で少し離される展開になり苦しい状況だったけど、相手の波に乗らないように強気で攻めました。今年は大学生としてバドミントンをしてきた集大成なので、後悔のないようにすることと、一つひとつの試合で成長していきたいです。

 

・毛利選手、野田選手のコメント

昨年あと1つランキングが及ばず出場する事が出来ず、今年は出場する事ができ良かったです。対戦相手が誰であったとしても、挑戦者の気持ちを持って自分達のプレーを発揮できるように試合に臨みました。

1回戦目の相手は試合経験がすごく豊富で相手のペースに傾きかけそうになる場面が何度かありましたが、お互いにもう1度自分達の気持ちを落ち着かせて積極的なプレーをやるようにして自分達のペースを作ることが出来ました。次の試合で同じ大学生に負けてしまいすごく悔しい気持ちがある反面、次やった時は必ず勝つと強く思いました。

インカレ等で対戦する機会はあると思うので今大会での課題を克服すると共にもっと私達がレベルアップし、他の大学生や実業団の方が対戦相手になったとしても互角に戦えるような実力をつけたいと思います。そして、これから行われる大会でも常に優勝を狙っていきます。

 

詳しい結果は以下のサイトで

http://www.badminton-a.com/20170531circuit/20170531index.htm

ページの先頭へ

ページの先頭へ