バドミントン部

【バドミントン部】関西学生選手権大会 男子単・複、女子単の3冠奪取!!女子単8強独占!

関西学生のシングルス、ダブルスNO1を決める関西学生選手権大会。おなじみのスター選手たちばかりではなく、リーグ戦などでは目立たない影の実力者など、猛者たちが揃いにそろったハイレベルな大会である。

 

関西学生バドミントン選手権大会

6月22日、23日、24日、28日、29日

(大阪市中央体育館・東淀川体育館)

 

(結果)

男子シングルス 優勝    清水智彦(営3)

準優勝   峰将大(法4)

ベスト4  中村大志(文3)

ベスト8  朝岡渉太(法4)

田中佑貴(営1)

 

ダブルス  優勝    成富勇太(法3)・内田裕太郎(政3)

ベスト8  峰将大(法4)・村瀬夢之介(

 

女子シングルス 優勝    下田菜都美(経4)

準優勝   杉野文保(法4)

ベスト4  森みず穂(営3)

嶺井優希(政3)

ベスト8  朝岡依純(法2)

小見山彩(法4)

毛利未佳(法2)

落司実瑠(法1)

 

ダブルス 準優勝   下田菜都美(経4)・小見山彩(法4)

ベスト4  毛利未佳(法2)・野田千遥(政2)

森みず穂(営3)・朝岡依純(法2)

ベスト8  杉野文保(法4)・嶺井優希(政3)

朝倉みなみ(政1)・斎藤ひかり(営1)

〈男子〉

シングルス準決勝、中村と峰の同校対決は、峰がスピード感溢れるプレーをみせ危なげなく勝利。もう一方の準決勝では清水が同志社大学1回生の岩永と対戦。相手の勢いに押され第2ゲーム目を奪われるが、ファイナルは攻撃の姿勢を見せた清水が相手を圧倒し決勝に駒を進めた。決勝での同校対決は、昨年王者、実力に勝る清水が常に先手をとる展開で2連覇を成し遂げた。その他、1回生田中が近大、関学大のポイントゲッターを破るなどベスト8に5名が進出する活躍を見せた。  ダブルスの準決勝は成富・内田が近畿大学の南京・松井ペアと対戦。相手の猛攻撃に対しうまくレシーブで押し返し決勝に駒を進めた。決勝の相手は関西学院大学の池田・石川ペア。相手の勢いに押され1ゲーム目を失うがディフェンス力で勝負、2,3ゲームは前評判通りの力を見せファイナル18本で見事初優勝を飾った。 〈女子〉

シングルス準決勝は杉野と森、下田と嶺井の龍大同士の対戦となった。両試合とも杉野と下田が先輩の意地を見せ勝利し決勝へ。決勝戦は序盤からインカレ新旧チャンピオン同志の戦いにふさわしい、互いに譲らない激しいラリーの応酬となった。ともに1ゲームずつを取り合い勝負はファイナルゲームへ。大学トップレベルの一進一退の攻防が続く中、後半下田の勝利への強い思いが、杉野のパワーとスタミナに勝り、下田が4回生にして嬉しい関西選手権シングルス初優勝を飾った。  ダブルスの準決勝1試合目は、第1シード毛利・野田が関学大のエースペア小池・中村と対戦。息のあったプレーでポイントを重ねるも、相手の堅い守りの前にあと1歩及ばず悔いの残る敗退となった。準決勝2試合目は、森・朝岡が下田・小見山に積極的な攻撃で挑んだが巧みなレシーブに後一歩およばず下田・小見山が決勝へ。決勝では春のリーグ戦で敗れてしまった小池・中村(関学)と対戦。リベンジと優勝をかけ気合い十分の2人だったが1ゲーム目、ダブルス決勝までに2日間で7試合を戦った疲れから下田をアクシデントが襲う。そのままの悪い流れを断ち切ることができず第1ゲームを失うものの、第2ゲームでは小見山が上手く下田をカバーし相手を追い詰める接戦を展開。優勝にはとどかなかったが、最後まで勝利をあきらめない2人に大きな拍手が送られた。  今回シングルスでは龍大がベスト8を独占し、ダブルスでもベスト4の3ペア、ベスト8の5ペアを占める活躍、また、シングルスで落司、ダブルスで斎藤・朝倉が同大のエースに競り勝ちベスト8に入るなど若い力も輝きを見せた。

 

下田 関西選手権 優勝

 

内田成富 関西選手権 優勝

【バドミントン部女子】リーグ11連覇達成!

5月6日、大阪市立中央体育館において関西学生バトミントン春季リーグ最終戦、対立命館大が行われた。

 

第1シングルスの森(経営3)は安定のプレーで相手を揺さぶり、大差をつけストレート勝ちを収める。続く第2シングルスの嶺井(政3)は攻めの姿勢を貫き第1セットを先取するが、第2セットでは相手の勢いに押され負けてしまう。第3セットでは拮抗する場面も見られたが力強いプレーでセットを奪い返した。第1ダブルスの山藤(政3)・牟田(法3)ペアは果敢に攻めるも第1セットを落としてしまう。しかし息の合ったプレーで第2、3セットを取り返し意地を見せ、第2ダブルス、第3シングルスの結果を待つことなく3―0で優勝を決めた。

写真1 (1)

【写真 安定したプレーを見せた森】

 

女子バトミントン部は関西学生リーグ春秋合わせて11連覇を成し遂げた。「今大会の中で、少しつまずいた場面に助け合いができたことは次につながったと思う」と下田(経済4)主将が語ったように、インカレ優勝という目標達成に向け確実に成長する選手たち。先に迫った西カレ、インカレでは栄光に輝く姿を見せてくれるだろう。

 

写真2 (2)

【写真 優勝した選手達】

 

〈下田主将のコメント〉

今日は競った場面で勝ち切ることが出来たので良かった。(西カレに向けて)相手は挑戦者として向かって来る一方でこっちは背負うものもあるけど、連覇できるのは自分たちだけなので自分たちも挑戦者の気持ちで頑張っていきたい。

 

〈宮崎監督のコメント〉

11連覇を目指していたが、新しいチームで勝てたことは西カレ、インカレに向けての大きな一歩だった。今回は競った試合が多かったが、いい意味で競り合ってお互いを磨きあって目標を達成出来ると思う。

 

(龍魂編集室 記事 堀内 沙穂/写真 関 真由子)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【バドミントン部】リーグ4連覇を達成!

5月6日、大阪市立中央体育館において関西学生バトミントン春季リーグ最終戦、対同志社大が行われた。

 

第1シングルスの清水(経済3)は相手に押されつつも何とかストレートで勝利した。第2シングルスの峰(法4)第3セットにまでもつれる接戦の末負けてしまう。続く第1ダブルスの内田(政3)・成富(法3)ペアはなかなか流れを掴み切れず苦しむ場面もあったが、ストレート勝ちを決めた。第2ダブルスの的場(政4)・坂口(経営2)ペアは第3セットまで持つれるが勝ち切れずこの試合を落としてしまい、セットカウント2―2となる。第3シングルスの成富は連続ポイントを決めるなどで相手を圧倒し第1セットを先取する。第2セットでは後半相手にペースを持って行かれるも、目粘りを見せストレート勝ちを収め、ゲームカウント3―2で勝利した。

 

写真1 (2)

【写真 シングルス、ダブルスで活躍した成富】

 

男子バトミントン部は関西学生春季リーグ春秋合わせて4連覇を成し遂げた。しかし彼らはこの結果に満足することなく、西カレ団体戦連覇という目標をしっかりと見据えていた。さらなる飛躍を誓う男子バドミントン部のこれからの活躍から目が離せない。

 

写真2 (2)

【写真 優勝した選手達】

 

〈古財コーチのコメント〉

「(大会を振り返って)春リーグに関しては自分の思っていた試合運びではなかった。新チームになったのでいろんな課題が出てくるのは当たり前だから、その中でもっと一人ひとりが変わらないと今のままでは無理だと思う。勝ったことに満足しないでしっかりともっとやらなきゃという気持ちを出してほしい。自信をもってコートに入れるだけの心構え、準備を日々の練習の中でやってくれたらと思う」

 

〈村瀬(法4)主将のコメント〉

「3―0で勝ちに行くというつもりでいたので、勝ったとはいえ最終シングルまで回ってしまったのは力不足だと思うし、甘かったと思う。(西カレは)このままでは勝てないと思うし、また一からみんなで頑張っていきたい」

 

(龍魂編集室 記事 堀内 沙穂/写真 関 真由子)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

【バドミントン部女子】リーグ第3戦4戦共に勝利!

5月3日立命館大学茨木キャンパス、4日龍谷大学深草キャンパス体育館において関西学生バドミントンリーグ第3戦対京産大戦、リーグ第4戦対関学大が行われた。連戦で苦しい日程ながら、第3戦、第4戦共に4―1で勝利し最終戦へと弾みをつけた。

 

第3戦では第1シングルスの杉野(法4)、第2シングルスの森(営3)は気迫あるプレーを見せ難なくストレート勝ちを収めた。続く第1ダブルスの下田(済4)・小見山(法4)ペアは長いラリーに苦戦を強いられる場面もあったが、息の合ったプレーで相手を圧倒しストレートで勝利する。第2ダブルスの山藤(政3)・牟田(法3)ペアは第2セットでデュースにもつれ、接戦となるが粘りを見せストレート勝ちを収めた。しかし第3シングルスの朝岡(法2)は積極的に攻めるも流れに乗りきれず1―2で負けてしまうが、ゲームカウント4―1で勝利した。

写真1 (1)

【写真 得点を決めて喜ぶ下田・小見山ペア】

 

第4戦では第1シングルスの杉野、第2シングルスの森は共に安定したプレーで連続ポイントを決め、ストレート勝ちを収めた。勢いづきたい龍大。しかし第1ダブルスの下田・小見山ペアは第1セットを先取するも、第2セットでデュースとなり一進一退の攻防の末負けてしまう。第3セットも粘りを見せるが勝ちきれず、この試合を落としてしまう結果となった。続く第2ダブルスの山藤・牟田ペアは気迫あるプレーで相手を圧倒し、ストレートで勝利する。第3シングルスの嶺井(政3)は相手に押される場面もあったがなんとかストレート勝ちを収め、ゲームカウント4―1で勝利した。

写真2 (1)

【写真 力強いプレーを見せる嶺井】

 

〈下田主将のコメント〉

「(3日は)全体的に競る試合が多く、簡単には勝てない試合だった。自分達に流れがある時にどうしても細かいミスをして相手の流れになってしまい、うまく連続ポイントを取れなかったが一番の課題。1本1本の大切さを一人ひとりが感じて練習していきたい。(4日は)ダブルスが山場と思って臨んだ。相手が攻めてきて自分たちが我慢しきれなかった。競った場面での1本をどれだけ取れるかという練習をしていきたい」

 

〈宮崎監督のコメント〉

「山藤・牟田は春に組んで間もないペアだったがかみ合ってきた。不安材料もあったが、逆にチームの団体戦での戦力として層が厚くなるので嬉しい」

(龍魂編集室 記事/写真 堀内 沙穂)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ