バドミントン部

【バドミントン部男子】リーグ優勝!王者に返り咲き

9月17日、関西大学千里山キャンパス中央体育館において平成30年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦最終戦が行われた。リーグを締めくくる最後の相手の京産大に4-1で勝利。見事リーグ優勝を果たし、王者に返り咲いた。

第1Sの川原(政2)はスマッシュがネットにかかるなどのミスが目立ち敗北を喫する。第2Sに登場した田中(営3)は2セット目序盤に8連取し、その後も流れを渡さず勢いそのままにストレート勝ちを収めた。

IMG_1301_Fotor_Fotor

【第1Sに登場し奮闘した川原】

 

IMG_1425_Fotor_Fotor

【2-0で試合を制しガッツポーズを決める田中】

第1Wの川原(政4)・本田(営2)ペアは1セット目で逆転を許しこのセットを落としてしまう。しかし2セット目は気持ちを切り替え、相手を大きく突き放し21-11でファイナルゲームへ。高位置からのスマッシュが炸裂し21-14で相手を下した。第2Wの阿部(済3)・川口(文3)ペアは積極的にスマッシュを打ち込み2人でテンポよく攻める。龍大ペースのまま21-15、21-18で勝利を決めた。第3Sの三宅(営1)は序盤は相手のラインギリギリに打ち込む精巧なスマッシュに翻弄される場面もあったが、徐々にペースをつかみ始め勢いを増していき、最後はスマッシュでゲームを制す。龍大が再び王者へと戻ってきた。

IMG_1749_Fotor

【1部優勝を果たした龍大バドミントン部男子】

 

IMG_1752_Fotor

【バドマガ賞を受賞した三宅】

 

1部優勝という最高の結果で秋リーグを終えた。次なる舞台は1か月後に控える全日本インカレ。成長し続ける彼らがどのような試合を見せてくれるのか期待したい。

 

<古財コーチのコメント>

「けが人がいてベストオーダーが組めない中で、普段ベンチにいる子達に少し責任を負わせようかなと思い試しで色々組んでみたが、1年の三宅が最終シングルの勝利や、阿部・川口も2連敗している中で勝ち切ってくれたところとかが収穫だった。第3シングルスは優勝が決まった中での気持ち的難しい試合だったかもしれないがチームの雰囲気的にダラダラしてしまった。こういうところがチームとして勝負に徹するところが弱いと感じる。全カレまであと1か月あるのでそういった部分を常に意識させていきたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 勝間晴香)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【バドミントン部女子】勢いが止まらない!16季連覇達成!!

9月17日、関西大学千里山キャンパス中央体育館において平成30年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦最終戦が行われた。同志社相手に苦しみながらも勝利を収める。結果、リーグ全勝で16季連覇を成し遂げた。

「今日の試合はこれから4回生の代わりにチームを引っ張って行かなくてはならない3回生を主に起用した」と宮崎監督が語るように第1W以外は3回生が出場した。第1Sの落司(法3)は第1ゲーム序盤から思うようなプレーができず7点のリードを許す。そのまま相手のペースで試合は続き2-0で敗退。続く第2Sの種岡(政3)も第1ゲームを落とし流れを変えることができない。しかしインターバルで気持ちを切り替え、第2ゲームでは6連続ポイントを奪うなど大差でこのゲームを奪う。すると第3ゲームは序盤一気に6連続ポイントを奪う圧巻の強さをみせる。そして最後は鋭いスマッシュを決め2-1で勝利を収める。龍大側に流れを引き寄せた。

バド 種岡さん

【チームの流れを変えた種岡】

第1Wには毛利(法4)・野田(政4)ペアが出場。落ち着いた試合運びをみせ2ー0で勝利をあげる。続く第2Wの朝倉(政3)・斉藤(営3)ペアは次々とスマッシュを決め21-15で第1ゲームを先取する。しかし第1ゲームとは変わり第2ゲームではお互い譲らない攻防が繰り広げられる。両者の点の取り合いが続き、19-19と同点となる。しかし朝倉・斉藤ペアは何度打たれても拾い返す粘りのあるプレーで相手のミスを誘い、2連続ポイントを取る。2-0で勝利を決めた。ラストを任された第5Sの西江(文3)は第1ゲーム終盤に5連続ポイントを奪われ16-18とリードを許す。しかし相手のミスを誘うプレーみせ4点を奪い返し逆転。最後は長いラリーを制しこのゲームを奪う。第2ゲームはコースの厳しいスマッシュを次々と決めこのセットを取り2ー0で勝利を手にした。この結果、同志社に4-1で勝利。リーグ全勝、16季連覇を果たした。

バド 西江さん

【ラストに勝利をあげた西江】

同志社に勝利し全勝でリーグ16季連覇を成し遂げた龍大。試合後朝岡主将(法4)は「正直ほっとしている」と笑顔で語った。毎年チームが変わる中で連覇を果たし、改めて龍大女子バドミントンの強さを実感することできた。次の全日本インカレでもその強さをみせつけてほしい。

バド集合写真

 

〈宮崎監督のコメント〉

「昨日で既に優勝が決まっていたため今日は4回生の主力メンバーではなく、チャレンジの気持ちを込めて3回生を主に起用した。また全日本インカレが迫っているため負担を減らすためにメンバーを変えた。この機会を通して3回生には力を出してほしかった。勝つことができたのはよかったが少し物足りなかったと思う。(16連覇を決めて)毎年チームが変わり一つ一つ積み上げてきた連覇である。チームの強さを受け継ぐことができている。全日本インカレでは関東勢が強いので関東勢に勝てるように頑張りたい」

 

〈朝岡主将のコメント〉

「第1Sを取られてその後も苦しい展開が続いたが応援の力や試合に出たメンバーがお互いカバーしあったことで今回の試合に勝つことができたと思う。(リーグ全体を通して)今日の試合みたいにもし1本取られても次に出る選手がカバーをしたリ応援で励まし合えたことが良かった。取らないといけない点や試合を取ることができないというのが今の実力。試合で自分のベストを尽くすにはどうすればいいのかをもっと考えていかなくてはならない。今のチームで全日本インカレに臨むのは最初で最後なので仲間や自分を信じて一戦一戦戦っていきたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 綾井唯)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

 

【バドミントン部男子】春季リーグ王者撃破! 王座奪還へ

9月16日、近畿大学記念会館において平成30年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦第4戦が行われた。対する相手は春季リーグ戦前回王者の関学大。苦戦を強いられる一戦となるもチームカウント3-2で勝利し、リーグ優勝への可能性を明日の1戦へと繋げた。

 

第1Sには川原(政2)が出場。1ゲーム目は互いに点を取り合い一進一退の攻防が続く展開となった。途中で川原にアクシデントがあり、足をコールドスプレーで冷やす場面が見られたが一本一本を大事にプレーし21-19で先取。2ゲーム目は序盤、相手にリードを許す展開となるも落ち着いて対応する試合運びで21-19と僅差で勝利。第2Sの田中(営3)の相手は西日本個人戦決勝で対戦した選手。西日本では田中に軍配が上がったが、今日の試合は簡単ではなかった。1ゲーム目、両者一歩も譲らない試合を展開するも21-23で落としてしまう。2ゲーム目もリベンジに燃える相手の勢いに押され粘り切ることができず敗戦となった。

川原さん

【勝利を手にし仲間と喜び合う川原】

第1Wの川原(政4)・本田(営2)ペアは1ゲーム目を落とし、続く2ゲーム目で本田の連続スマッシュなどでポイントを重ねていき21-17で奪取に成功。3ゲーム目は序盤から勢いあるプレーで相手を圧倒し21-10と勝利を収めた。第2Wの阿部(済3)・川口(文3)ペアは1ゲーム目を息の合ったプレーで流れを龍大に引き寄せながら先取した。2ゲーム目、高い集中力を見せるも19-21で落としてしまう。3ゲーム目も最後まで粘りを見せ相手に食らい付くが惜しくも敗戦となった。勝敗が委ねられた第3Sには三宅(営1)が出場し、両者一歩も譲らない激闘を繰り広げた。プレッシャーがかかる中、落ち着いたプレーで1ゲーム目を21-14で先取すると、2ゲーム目も気迫あふれるプレーで長いラリーも制し最後は5連続ポイントを決め龍大はチームカウント3-2で勝利した。この1戦で関学大に初黒星を付け龍大は優勝へと前進した。

阿部さん

川口さん 【2Wで奮闘した阿部(写真上)・川口(写真下)ペア】

<古財コーチのコメント>

「今日は1つの大きな山場になるのかなと思っていました。西日本も決勝で当たり3-2という苦しい展開で、フルメンバーで臨めないというのもありましたが、三宅や2Wの阿部・川口など普段戦えていない選手たちがプレッシャーに負けずに戦えているのではないかと思いました。阿部・川口も負けはしましたがパフォーマンス的に悪かったかと言えば良かったと思います。最後は昨日に続き三宅が勝ってくれたので底上げは少しできているのではないかという気はします」

<川原選手のコメント>

「昨日大事なところで自分が落としてしまってチームの人に助けてもらったので今日の試合は自分から攻めて自分が1勝を挙げてチームに貢献しようと思い臨みました」

 

(龍魂編集室 記事/写真 上原航輔)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【バドミントン部女子】16季連続リーグ優勝に王手をかける!

9月16日、近畿大会記念会館において平成30年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦第4戦が行われた。これまで全勝の龍大は立命館との一戦に臨んだ。我慢の強いられる一戦となったが、ゲームカウント5-0で勝利し、4戦連続となるストレート勝ちを果たす。

志波・青山1
【2年生ペアの青山(右)・志波(左)ペア】

これまで1ゲームも落とすことなく戦い抜いて来た龍大だが、リーグ後半戦に入り強敵との試合が多くなる。そんな中で迎えた立命館戦は、やはり簡単には勝たせてはくれなかった。第1Sの朝岡(法4)が1ゲーム目を危なげなく先取するも2ゲーム目では、リードを保ちながら試合を進めていくが僅差の試合となる。しかし最後は落ち着いたプレーで対応し、初戦を獲る。続く第2Sの野田(政4)は厳しいコースを積極的に狙っていくがコート内に収まらず、1ゲーム目を落としてしまう。ゲーム間でのインターバルでしっかりと修正した野田は2ゲーム目を21-6の大差で奪い返す。最終ゲームでは、両者とも一進一退のプレーを魅せるも走り負けなかった野田が勝利を手にした。

落司 立命館1
【気迫あるプレーを魅せた落司】

第2Sで掴みかけている流れを手放したくない龍大にとって大事な局面である第1Wを任されたのは朝倉(政3)・斎藤(営3)ペア。21-12、21-10の危なげない試合を見せ、完全に流れを掴むことに成功する。メンバーチェンジで出場した第2Wの青山(政2)・志波(政2)ペア、第3Sの落司(法3)も集中したプレーや闘志ある姿勢などを随所で見せ、龍大に勝利を呼び込んだ。これによりチームカウントを5-0として上部リーグ初戦を白星で飾る。

〈朝岡主将のコメント〉
「立命館は選手層が厚いチームなので絶対に競ると思っていたので全員がそのことを意識していました。次戦の同志社戦もSをやる人は上手い人が多いのでしっかりと対策を練った上で力をぶつけられるように頑張りたいと思います。また春に優勝をしたのでプレッシャーは少しありますが、自分たちのチームでリーグ戦を戦えるのもこれが最後なので悔いが残らない様に全力で頑張りたいと思います」

(龍魂編集室 記事/写真 上村輝)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ