バドミントン部

【バドミントン部】日本のトップクラスへチャレンジ!

日本ランキング上位32名でのトーナメント戦、日本ランキングサーキットに龍谷大学から8名が出場し、日本リーガーを破りベスト16に進出する検討を見せた。

 

〈結果〉

女子シングルス

ベスト16 嶺井優希(政4)

 

女子ダブルス

ベスト16 毛利未佳(法3)・野田千遥(政3)

 

〈本文〉

世界団体選手権のため不参加の選手はいたものの、日本ランキング上位32名による日本最高レベルの大会に、龍大から男子複1ペア、女子単3名、女子複1ペアがチャレンジした。

過去1回戦を突破しベスト16入りしたことがなかったが、女子シングルスで嶺井(政4)が永田(北都銀行)に2-0で快勝、朝岡(法3)も昨年の龍谷のエース下田(広島ガス)とファイナルゲームの大接戦を繰り広げた。

女子ダブルスでも毛利(法3)・野田(政3)も格上とみられた江藤・山口(岐阜トリッキーパンダース)に2-1で競り勝つ金星を上げた。卒業生も活躍、下田がベスト8、杉野(七十七銀行)がベスト16入り。MIXダブルスでも牧野(七十七銀行)がベスト8に、植田(AC長野パルセイロBC)がシードペアを破りベスト16に進出した。

 

・嶺井選手のコメント

1回戦の相手は実業団選手とはいえ、同い年の選手だったので大学生も実業団も関係ないと思いました。失うものは何もないと思って自分の今できることを後悔のないように、この大きな大会で発揮したい気持ちと、絶対勝ちたいという気持ちで戦いました。2ゲーム目の中盤で少し離される展開になり苦しい状況だったけど、相手の波に乗らないように強気で攻めました。今年は大学生としてバドミントンをしてきた集大成なので、後悔のないようにすることと、一つひとつの試合で成長していきたいです。

 

・毛利選手、野田選手のコメント

昨年あと1つランキングが及ばず出場する事が出来ず、今年は出場する事ができ良かったです。対戦相手が誰であったとしても、挑戦者の気持ちを持って自分達のプレーを発揮できるように試合に臨みました。

1回戦目の相手は試合経験がすごく豊富で相手のペースに傾きかけそうになる場面が何度かありましたが、お互いにもう1度自分達の気持ちを落ち着かせて積極的なプレーをやるようにして自分達のペースを作ることが出来ました。次の試合で同じ大学生に負けてしまいすごく悔しい気持ちがある反面、次やった時は必ず勝つと強く思いました。

インカレ等で対戦する機会はあると思うので今大会での課題を克服すると共にもっと私達がレベルアップし、他の大学生や実業団の方が対戦相手になったとしても互角に戦えるような実力をつけたいと思います。そして、これから行われる大会でも常に優勝を狙っていきます。

 

詳しい結果は以下のサイトで

http://www.badminton-a.com/20170531circuit/20170531index.htm

【バドミントン部】今年度のスタート!アベック優勝を達成!!

選手登録の制限がなく、部員全員がコートに立つ機会を与えられた京都学生バドミントンリーグ戦大会。このチャンスを生かし、龍大勢は男女ともに積極的に新人・サブメンバーを登用、コートの緊張感を経験させていった。

 

(日程)

京都学生バドミントンリーグ戦大会 4月1日(土)~4月16日(日)

 

(於)

大山崎町体育館、京都大学 他

 

(結果)

男子団体 優勝

女子団体 優勝

 

(男子)

初戦の天理大学戦では第1ダブルスの中島(営2)・山田(短2)が圧倒的な強さでストレート勝ちすると残り4戦の選手もこの流れに乗り開幕戦を5-0で勝利し、チームは勢いに乗った。2戦目は昨年敗れた京都産業大学と対戦。相手のエースダブルスに中島・山田が惜敗するも、第2シングルスの田中(営2)が相手のエースにストレート勝ちするなどの活躍を見せ4-1で勝利。続く3戦目の佛教大学戦は多くの1回生のデビュー戦となった。第2ダブルスに川原(政1)・増田(済1)、第1シングルスに細山田(文1)が出場し、序盤は緊張も見られたが勝利を収め、チームの勝利に大きく貢献した。続く立命館大学戦ではダブルスで1勝ずつを分け合い、第1シングルスの期待のルーキー本田(営1)がファイナル勝負を勝ち切りチームに大きなポイントを上げ、続く第2シングルスも一回生の細山田が勝利し、チームの勝利を決めた。そして全勝で最終戦の同じく全勝の同志社大学戦を迎えた。第1ダブルスが敗れるも、第2ダブルスの川口(文2)・中島が劣勢な状況から気迫のこもったプレーで最後は逆転、貴重な勝利を掴んだ。第1シングルスの田中は相手の早いスピードの前に苦戦、1ゲーム目を奪われるも2ゲーム目から挽回し、ファイナルゲームも最後は逆転勝利でチームに流れをもたらした。そして第2シングルスの中村(文4)が、同志社大学のエース岩永に全く付け入る隙を与えず圧勝、チームは2年ぶりの優勝を決めた。

 

今後、関西リーグ、西日本インカレ、全日本インカレと団体戦が続くが、新チーム最初の試合である今回の京都リーグで優勝したことはこれからのチームの軌跡に大きな弾みとなるであろう。

 

(女子)

初戦の滋賀短期大戦では米山(済2)・種岡(政2)、朝倉(政2)・大谷(短2)、西江(文2)と2回生が中心のオーダーで挑んだ。第1ダブルスの米山・種岡が相手を圧倒するようなプレーで勝利しチームの流れを作ると続く選手達もこれから続くリーグ戦に勢いをつけるように全試合ストレート勝ちを収め、チームは5-0で勝利。 続く天理大学ではリズムよく4-0まで試合を運び最終第3シングルスでは栃本(文1)が相手のエースシングルスとの対戦。序盤は緊張もあってか相手にペースを奪われるも徐々にリズムを掴み、終盤8連続ポイントで逆転し、2-0で勝利しデビュー戦は嬉しい初白星となった。続く京都産業大学でも1回生の活躍が光った。志波(政1)が朝倉と組んで第2ダブルスに出場し、デビュー戦とは思えない伸び伸びとしたプレーで得点を重ね2-0で勝利した。競り合う場面もあったものの龍大の力を見せつけ5-0で勝ちきった。第4戦は同志社大学と対戦。関西のライバルに対し下級生中心とした若いオーダーで挑み、接戦となりながらも全試合で勝利することができ5-0で最終戦へ繋いだ。 最終戦は立命館大学と対戦し4回生が活躍。第1ダブルスの山藤(政4)・嶺井(政4)は長身を生かした角度のある力強いショットを武器に、相手を寄せ付けることなくストレートで勝利。女子リーダーを務める森(営4)は第1シングルスに登場。一度リズムを崩し第2ゲームを落とすも、自分のプレーを取り戻し安定したプレーでファイナルゲームは圧勝。続くシングルスは全順位が確定し打ち切りとなり3-0で勝ち星をあげ、完全勝利で京都リーグ3連覇を果たした。

 

森が女子リーダーとなりチームが再び全日本インカレ団体優勝に向け走り出した。今回の京都リーグで、若い力が大きく躍動した事、レギュラー以外の選手達の活躍があった事は直前に迫っている関西リーグに向けチームに弾みをつける事になっただろう。そして、全日本インカレ団体優勝に向け良いスタートダッシュになった。今後の関西リーグ、関西選手権、西日本インカレ、全日本インカレでの彼女達の活躍に期待したい。

 

清水・森

 

本田・細山田・大崎・川原・増田・志波・栃本(新1回生)

【バドミントン部女子 リーグ戦13季連続優勝!!】

4月29日、龍谷大学深草キャンパス体育館で行われた関西学生バドミントンリーグ第4戦、対関学大。厳しい戦いであったが見事4―1で勝利を収める。

 

第1シングルスの森(経営4)は1セット目を確実に奪うも2セット目は相手の粘りもあり、じわじわと差を詰められるがリードを保ち退けた。第2シングルスの嶺井(政4)は序盤ミスなどが目立ち調子が出ないものの徐々に自分のペースを掴んでいきストレートで勝利する。第1ダブルスの山藤(政4)・毛利(法3)ペアは1セット目を自分らのミスなどから先取されてしまう。「1セット目は忘れて2セット目から切り替えていこう」と語った山藤・毛利ペアは2セット目から尻上がりに自分たちのペースで試合を運び相手を寄せ付けなかった。続く第2ダブルスの朝倉(政2)・志波(政1)ペアは7連続ポイントなど試合を優位に進めていき第3シングルスに勢いをつけた。しかし第3シングルスの朝岡(法3)は相手に試合の主導権を握られてしまい、20-22、19-21と粘りを見せるが敗北を喫した。ゲームカウント4-1と苦しい試合展開もあったがチーム全体で乗り越え勝利を勝ち取った。

 

写真23

【写真 チームを勢い付ける森】

 

そして30日に行われた最終戦、対立命館。第1シングルスの森、第2シングルスの嶺井はともに安定の試合運びで見事ストレート勝ちを決め、龍大を勢い付ける。続く第2ダブルスの毛利・山藤ペア。序盤、なかなかペースを掴みきれず連続得点を許してしまう。しかし後半では徐々に点差を縮め、デュースへと持ち込む。「強気で」という、仲間からの声に応えて攻めるが惜しくもこのセットを落としてしまう。しかし諦めない龍大。ここから快進撃が始まる。相手に隙を与えることなく次々と攻撃を仕掛ける。終始強気の姿勢で第2セットを奪取。そのまま勢いが衰えることなく、第3セットもものにした。この時点で龍大のリーグ優勝が確定し、ゲームカウント3―0で試合終了。リーグ戦13季連覇を果たした。

 

主力選手が抜け、不安もある中臨んだ今大会だったが、チーム力という新たな武器で見事勝利を掴んでくれた龍大バドミントン部女子。急速に飛躍する彼女たちの、今後更なる活躍から目が離せない。

 

写真24

【写真 優勝を果たした選手たち】

 

〈森主将のコメント〉

「(29日)山場の試合だと思った。(関学の)ダブルスが強いイメージがあったので1セット目は落としたけど2セット目以降で勢いを盛り返してくれた第1ダブルスは今日の試合の鍵だったかなと思いました」

「(30日)今日の試合が一番厳しかったが、これまでの練習でつちかってきたものや、応援団結力などで勝つことが出来た。取られても取り返して、逆転することが出来たのが良かった。チーム内争いも激しくなってきているので、切磋琢磨し合って、今後レベルも上がっていくと思う」

 

〈山藤・毛利ペアのコメント〉

「今までしてきた練習に自信を持っていたので1セット目は緊張していてミスが出てしまったけど2、3セット目はいい感じに緊張もほぐれて自分たちのプレーが出せて、点数も抑えられて勝てた」

 

〈宮崎監督のコメント〉

「第1シングルスはエース対決で、競った戦いの中でラリーをしながら自分のペースに引き込み、攻めることが出来たのが良かった。ダブルスは最初競ってしまったが、後半で改善することが出来た。相手の得意なところで戦うのではなく、自分の得意なところに引き込むことが大切。今後、試合に出ていない選手たちのサポートも鍵となってくる」

 

 

(龍魂編集室 記事/上村 輝 写真/堀内 沙穂)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【バドミントン部男子】春季リーグで6季連続の優勝!!

4月29日、龍谷大学深草キャンパス体育館において関西学生バドミントン春季リーグ戦第4戦が行われた。ここまで全勝で勝ち進める龍大。対する相手は、同じくここまで全勝中の同志社。リーグ全勝同士の直接対決となった。互いに負けられないこの一戦で龍大は3―2で同志社を制し、見事全勝を守り抜いた。

 

第1シングルスの清水(経営4)は2―1で勝利し、流れを作る。しかし続く第2シングルスの本田(経営4)は健闘するが惜しくもセットカウント1―2で敗れ、早くも接戦となる。流れを変えたい龍大。第1ダブルスで登場した内田(政4)・成富(法4)ペアは第1セットを先取し、流れを引き寄せる。このままストレートで勝利するかと思われたが、第2セットでは相手の猛攻に苦しむこととなる。後半、連続得点を許しこのセットを落としてしまう。第3セットまでもつれ込む展開となった。第3セットでは序盤連続得点を奪い、点差を大きく開くことに成功。しかし相手も譲らず連続ポイントを決め、徐々に点差を縮められる。接戦となるがなんとか勝ち切り、このゲームをものにする。

続いて第2ダブルスの坂口(経営3)・川口(文2)ペアは健闘するがストレート負けを喫する。ゲームカウント2―2となり、勝負の行方は第3シングルスの田中(経営2)に託された。仲間からの期待を一身に背負い、試合に臨んだ田中は終始自分のプレーで攻撃を仕掛ける。見事ストレートで勝利を決め、チームの勝利に大きく貢献した。試合後「プレッシャーのかかる局面で勝利できたのは自信になった」と田中は語った。

写真25

【写真 勝利に貢献した田中】

 

4月30日、龍谷大学深草キャンパス体育館で行われた最終戦、対関学大。リーグ優勝に向けて龍大は試合に臨んだ。

 

第1シングルスで登場したのは前日の試合でも活躍した田中。終始自分のペースを崩さず第1セットを先取。第2セットはあと一歩のところで落としてしまうが、第3セットでは再び流れを引き込み、見事2―1で勝利。流れに乗りたい龍大。しかし続く第2シングルスの清水は相手の激しい攻撃に苦戦する。長いラリーが続き厳しい試合となるが、最後まで集中力を切らさなかった清水。あと一歩のところで相手に圧倒され、1―2で敗退してしまう。続く第1ダブルスの内田・成富ペア。第1セットでは中盤相手の激しいスマッシュが決まる。連続得点を許してしまい、大きく点差を付けられてしまう。その後は相手のミスが重なり、なんとかデュースまで持ち込む。両チームとも集中を切らすことなく、取っては取られてのシーソーゲームとなるが、龍大の猛烈なスマッシュが決まり25―23の接戦を制した。

白熱した試合が続き、両チームの応援にも熱が入る。そんな中第2ダブルスで登場したのは川口・中島(経営2)ペア。迫力のあるプレーで相手を圧倒し、強気で攻める。しかし一歩及ばずセットカウント1―2で惜しくも敗れてしまう。ここでゲームカウント2―2となり、絶対に落とすことができないこの局面。第3シングルスを任されたのは内田。序盤は互いに譲らず、連続得点を許さない接戦となる。しかし内田は丁寧なプレーで確実にポイントを重ね、第1セットを先取。続く第2セットでも焦らず相手の隙を突いて攻める。相手のペースに飲まれず、自分のペースを貫いた内田はこのセットもものにし、見事勝利。ゲームカウント3―2で龍大に勝利をもたらした。

 

関西学生リーグ戦、6季連続優勝を果たした龍大。しかし選手たちは試合の内容に納得はしていない。主将の清水が「今の状態では西日本の優勝も厳しい」と語ったように、今大会、全勝とはいえ危ない場面も多くあった。一方本田、内田の二人が個人賞を受賞するなど、龍大の層の厚さも見せてくれた今大会。今回得た課題を、インカレという大きな目標に向けて修正し、更なる飛躍を見せてくれるだろう。

 

写真26

【写真 優勝を果たした選手たち】

 

〈田中選手のコメント〉

「(29日)勝てたことは自信に繋がったが、相手よりもスピードがあるのに相手に合わせてプレーしてしまったので、もっと自分のスピードを生かして相手を動かした方が良かったと思う」

 

〈清水主将のコメント〉

「去年全国2位というプレッシャーはあった。今回危ない場面もたくさんあったので、もう一度気を引き締めていかないといけないと思う。一からチャレンジャーの気持ちで頑張っていきたいと思う。また、レギュラー以外が勝てるようになれば、試合の質も上がってくると思う。チームの底上げにも力を入れていきたい」

 

〈古戝コーチのコメント〉

「去年の結果に引っ張られているようだった。ただ、今回危ないながら勝ち切れたのは、チーム力がついてきたからかなと思う。まだバラバラな箇所も見られるので、次に向けて修正していきたいと思う。また、ベンチ組の層の厚さもつけていき、練習を重ねる中で、一歩ずつ繋げていけたらと思う」

 

(龍魂編集室 記事/堀内沙穂 写真/関真由子)

龍魂編集室では現在部員を募集中!

興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ