アメリカンフットボール部

上位進出をかけた大一番。運命の関西大学戦‼

10月13日EXPO FLASH FIELDにおいて関西学生アメリカンフットボール大会Div.1第4節関西大学戦が行われた。前節の京都大学戦に敗れたため、Aクラス入りを目指す龍大にとって昨年3位の関西大学との一戦は重要といえる。上位進出へ龍大SEAHORSEは大一番を迎えた。

試合は拮抗した展開から入る。第1Q10分過ぎまで両校ともに陣地を進めることなく試合は進む。しかし第1Q終了間際に関大にロングパスを通されると、続けざまにランで切り込まれゴール手前まで攻め込まれる。引き続き第2Qに入りこのピンチを防ぎきりたい龍大だったが、最後は関大のランに押し込まれ先制点を奪われる。前半のうちに逆転したい龍大だったがうまく攻めきれない。この苦しい時間をDF陣が奮闘する。川原(国文2)のタックルなどで関大の攻撃の芽を摘み無得点で抑え込む。

TDを決めて喜ぶ新田(右)

前半をわずかなリードで抑え後半の巻き返しにかける龍大。後半開始直後正岡(文2)が素晴らしいタックルでいい流れを作る。このまま流れに乗りたい龍大だったが関大のパス攻撃を止められず追加点を奪われる。このままでは終われない龍大は吉田(済4)のランや竹内(社3)のパスを起点にリズムを作る。関大のペナルティも誘い敵陣まで攻め込むと、竹内から新田(社4)へのラストパスが通りTD(タッチダウン)。FG(フィールドゴール)も決まり関大から7点を奪い取る。この勢いのまま逆転したい龍大だったが、迫りくる時間の中攻撃がうまく繋がらず無情にも試合終了。Aクラス入りの夢は断たれた。

第4節が終わり4戦4敗。ここから後半戦へと入り戦いはさらに熾烈なものとなる。「Aクラス入りは果たせなくなったが残り試合全部勝ってアメフト部の新たな歴史を作る」と新田主将は力強く言った。残りは3戦。まずは迎えるは10月26日の神大戦だ。今こそチーム一丸となって貪欲に今季初勝利を掴みたい。突き進め龍大SEAHORSE!

関大の攻撃を止める出村(文4)のタックル

<村田ヘッドコーチのコメント>
「想定とは全く逆でした。DFが苦しみOFは時間を使うと想定していた。DF陣は良かったと思う。OFが攻撃のリズムを掴むのが遅すぎた。選手からの意見も取り入れながら戦術を決めたがうまくはまらなかった。吉田のランをうまく出していきたい。(神大戦に向けて)昨年負けているのでその悔しさを晴らしたい」

<新田主将のコメント>
「前回の反省として試合終了まで戦いきるというのが出ていた。OFとしては前半温存しつつ後半に勝負をかけるつもりだったが、前半DFに助けられていたのでもっとOFも絡んでいけたら良かった。(次戦に向けて)神戸大学に負けるような取り組みはしてきていないので圧倒的な差できれいに勝ちたい」

<DL(ディフェンスライン)リーダー福井(済4)のコメント>
「龍大のDLは小さいので受け身にならず攻めて、攻めてその結果いいプレーができたらと思っていた。京大戦同様第4Qにズルズルやられたのでそこが反省点。(次戦に向けて)DLとしての一体感を出して、一人一人が自分のプレーをするのではなく全員で止めにいくということを意識したい」

(記事 龍魂編集室 三井雄太/写真 村井麻予・井上奏子)

 

打倒京大でAクラス入りを掴み取れ‼

9月29日にEXPO FLASH FIELDにおいて関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.Ⅰ第3節京都大学戦が行われた。今季Aクラス入りを目標にしている龍谷大学SEA HORSE。そのためには何としても京都大学に勝たなくてはならない。リーグ2戦を終えついに迎えた大一番。昨年7位からAクラス入りへ-。下剋上を起こせるか。

序盤から龍大はいいスタートを切る。竹内(社3)のパスと吉田(済4)のロングランで京大陣に攻め込む。ここで京大のエースQB小原の放ったパスを平野(法3)がインターセプトし攻撃権を奪い返す。このビッグプレーにOF陣が応える。竹内から放たれたロングパスが持田(文3)へと通ると、そのまま持田がエンドゾーンまで持ち込みTDを奪う。トライフォーポイントも新宮(理1)がしっかりと決め京大から先制点を取る。前半はこのまま拮抗した展開が続くが攻守が噛み合い7-0とリードを死守する。

インターセプトを見せた平野

後半開始いきなりピンチを迎える。キックオフで自陣深くまで攻め込まれるとそこからうまく陣地を挽回することができない龍大。そのまま京大にFGを決められ7-3とされる。しかしこの流れをDF陣が変える。京大のQB小原に対して度重なる圧力をかけ京大の攻撃の芽を摘む。竹内から持田へのロングパスが通ると最後は再び竹内のパスから今度は新田(社4)へのTDパスが通る。合計14-3とリードをさらに広げ最終第4Qへ進む。鬼門は第4Qに訪れた。京大のパス攻撃を止めることができず自陣深くまで攻め込まれる。試合終了まで残り3分。最後まで京大のパスを止め切れずTDを取られてしまう。リードをわずかとされ、勝利を掴むため何としても踏ん張りたい場面を迎える龍大。しかし残り11秒。採算の京大のパス攻撃に対応しきれず逆転を許してしまう。このまま試合は終了し結果14-18と悔しい結果に終わった。

ライン際に走り込みTDを取る持田

今季初の1勝を掴みかけていただけにまさかの結果に試合終了のホイッスルが鳴ると選手たちは何とも言えない表情を浮かべた。しかし試合はまだまだ続く。Aクラス入りを果たすためには次戦の関大との一戦に勝たなくてはならない。この悔しさを次戦に生かしてまずは1勝を掴み取れSEA HORSE‼

<村田ヘッドコーチのコメント>
「善戦したとは言えない。第3Qまでは上手くいっていたが、とにかく4Q。第4Qにオフェンスとディフェンスともに上手くいかなかった。同じようなミスが出ていた。前戦までに出ていた課題の一部は修正できていた。勝負がかかった時、際どい状況の時に頑張れるかが強いチームになれるかということだと思う」

<新田主将のコメント>
「自分たちがやってきたことに間違いはなかったと思っているが、どこか相手よりも劣っていたところがあったということだと思う。その足りなかったことが何かということが今は分からないので4年生で話し合いたい。Aクラス入りという一度決めた目標を果たす為には関大に勝たなくてはいけないので、その目標を再確認して何が必要かということを意識して関大戦にむけて準備していきたい」

(記事 龍魂編集室 三井雄太/写真 佐藤和季・村井麻予・井上奏子)

 

王者関学に挑め‼掴めるか今季初勝利

9月15日EXPO FLASH FIELDにおいて関西学生アメリカンフットボール大会Div.1第2節関西学院大学戦が行われた。大雨というコンディションの中初勝利を手にするため挑む龍大。迎える相手はリーグ4連覇をかける関西学院大学。強敵を前に立ち向かった龍大だが2-45と初勝利は次戦へと持ち越された。

ファンブルリターンを見せた廣吉

序盤龍大は攻めきれない展開となる。一投目こそ成功したものの強くなる雨足を前に攻撃の起点となる竹内(社3)のパスがうまく繋がらずゲインを奪えない。苦しむ龍大の流れを変えたのはラインバック陣。新入生の加入で層の厚くなったラインバック陣はエースの吉田(済4)を中心として井上(済1)などのランも絡め連続でドライブに成功する。TDこそ奪えなかったが関学陣内深くまで押し込むことに成功する。DF陣も奮闘する。出村(文4)のタックルに関学がファンブルすると、そのボールを廣吉(法2)がファンブルリターンに成功するなど関学の攻撃をシャットダウンする。

後半に巻き返しを図る龍大だが第3Q開始直後、関学のキックオフリターンを止め切れずそのままTDを奪われる。得点を取りたい龍大はラスト第4Qへ。関学攻撃陣に対してプレッシャーかけ続けた龍大DF陣は関学から自殺点となるセーフティーで得点を奪う。前半吉田のランでロングゲインを奪うなど随所にいいプレーを見せたものの、王者関学の壁は高くTDを奪えず試合終了。今季初勝利は次戦の京大戦へと持ち越された。

ロングゲインを奪う吉田

<村田ヘッドコーチのコメント>
「強いチームと戦うにあたってこちらがミスをすると勝ち目がなくなる。リターンTDなどで奪われたTDが3本あり、それで完全にゲームの流れを持っていかれた。竹内も非常にいいパスを投げていたので晴れてほしかった。それでも後半最後に気持ちのこもったドライブなどができていたのでオフェンス陣としては良かったと思う。DFは一列目二列目がしっかりタックルできることが課題。良い材料も悪い材料も出た試合だった。(次戦に向けて)(京大は)一つの対戦相手としか見ていない。選手としては京大に勝ちたいという気持ちを爆発させてくれたらと思う」

<新田(社4)主将のコメント>
「気持ちの面とか雰囲気とかは立命戦以上のものを出せたが、立命戦が終わって二週間結果を求めてやっていこうと言っていたにも関わらずOFは点を取れず、立命戦では出なかったミスが出てきてしまったので、そこを修正していきたい」

(記事 龍魂編集室 三井雄太/写真 村井麻予)

 

立命館の牙城崩せず。黒星スタート

8月31日EXPO FLASH FIELDにおいて関西学生アメリカンフットボール大会Div.1第1節立命館大学戦が行われた。初戦から白星を掴みにかかる龍大だったが、今年日本一と称されるディフェンス陣を筆頭に試合を組み立てる立命館大学を前に攻め切ることができず0-48と敗戦した。

第1Q序盤は両者譲らない展開から入る。しかしなかなか立命館のディフェンスを崩すことができない龍大に対してじりじりと立命館は攻撃の手を伸ばし、龍大の自陣3ヤードまで攻め込む。この場面を守り抜きたい龍大だったが、立命館に隙を突かれフィールド中央を走られTDを奪われてしまう。立命館の攻撃は第2Qに入っても止むことなく2つのTDを奪われ前半を0-21で終える。

オフェンスの要を務める竹内

 

後半に巻き返しを図りたい龍大は竹内(社3)のパスや吉田(済4)のランを中心に攻撃の糸口を見つけ出そうとするが、立命館ディフェンスの壁は高く攻め込むことはできない。時間が過ぎるなか徐々に動き始めた龍大だったが、雷雨による中断もありうまくリズムを継続することができない。2度目の中断の後迎えた第4Q。立命館の攻撃を防ぎきることが出来ず得点を重ねられる苦しい展開。試合終了間際に迎えた龍大の攻撃。何としても得点を取りたい龍大は竹内から新田(社4)へのパスを投じるが立命館のディフェンスを前にゲインを奪えず無情にも試合終了の合図を迎え、0-48と初戦白星スタートとはならなかった。

結果的に試合には敗れたものの龍大は昨年までと変わっていた。4年生プレイヤーが8人と数的に苦しいこともあり、下級生の選手層をどこまで厚くできるかが課題となるが立命館戦ではその課題をクリアしつつある印象を受けた。昨年攻撃の司令塔を務めた上西(文卒)に代わり今年度よりそのポジションを任せられた竹内は判断力と冷静さを持ち合わせ、安定したパフォーマンスを見せる。また上西に負けない強肩を持ち、この強肩から繰り出される精密なパスと新田を始め、持田(文3)や加納(政3)らレシーバー陣との連携はチームの大きな武器となる。1年生プレイヤーの活躍も期待できる。今試合において1年生の藤本(法1)は合計45㍎、野間(営1)は37㍎を獲得するキックオフ・リターンを見せた。さらに注目すべきは昨年怪我に苦しめられたランニングバックのエース吉田の復活だ。吉田の持ち味である力強いランニングから繰り出されるあたりの強さには期待したい。ディフェンス陣にも役者は揃っている。出村(文4)や金山(法4)の守りは上位チームにも負けない。あとは彼らが率いるディフェンス陣の成長に期待だ。

素晴らしいリターンを見せた藤本

今年度「新しい歴史を作る」と語る新田主将。上級生にも下級生にも役者は揃っているだけにこれからの試合には期待できるだろう。上級生から下級生までが一丸となり勝利を掴み取れ‼

<村田ヘッドコーチのコメント>
「今年おそらく日本一のディフェンス陣である立命館に対して全く手も足も出ないのかというところで考えた時良く頑張れたと思う。気持ちの面では負けられないので最後まで全力で戦ったという点では収穫があった。(今年のチーム作りについて)4年生の人数が少ないが3年生以下は選手も多く、1年生では即戦力になる選手もいる。そういった下級生の面倒をどう見ていくかが課題。(立命館・関学大戦の位置づけ)位置づけとしてはくってかかるという気持ち。(常に上位を)狙わなければ力がついてから(上位を)狙ったとき手を抜いた過去があれば、強い相手に対してやっぱりかなわないと思ってしまう時があるチームになってしまうのでそういう面でも全力でぶつかっていく」

<新田主将のコメント>
「立命館が強いのは分かっていた。気持ちで負けることなく立ち向かっていくことを意識していた。(関学大戦に向けて)結果を残せるようにしていきたい。結果だけを求めてこの2週間やっていきたい」

 

立命館のランを食い止める高(国文3)

(記事 龍魂編集室 三井雄太/写真 村井麻予・井上奏子)

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ