アメリカンフットボール部

【アメリカンフットボール部】神大戦で得た自信と課題

11月3日、キンチョウスタジアムにおいて、関西学生アメリカンフットボールDiv.1、第6節、対神戸大戦が行われた。未だ白星がない龍大にとって、今試合で勝利することは入れ替え戦回避のための絶対条件である。選手達は勝利への執念を最後まで忘れずに健闘したが、17-22という結果で惜しくも破れてしまった。

1Q、浅尾主将(営4)の「最初のミスが痛かった」と語るように、龍大は練習の成果を思うようにゲーム開始時に出すことができなかった。OFでは試合に対する熱さ、必死さが皮肉にも選手を苦しめ、ミスが続いてしまう。DFでは神大の勢いのある攻撃に点差をつけられる。この第1Qでの得点はRB/K金川(文3)のFGのみとなり、3-14という結果で終える。

2Q、LB宮前(政3)のQBサックが相手チームの攻撃のリズムを崩す。失点はしたものの、龍大はこのチャンスを逃がさない。DB/P国分(済2)パスカットから88ヤードを駆け抜けてTD。このとき、DB岡田(済4)が相手ディフェンスの壁となり、国分のサポートをした。その後、キックを成功させ10-17。第2Qで逆転へ兆しが見え始める。

aq

【写真1】チームの流れを変える国分のTD

3Q、練習で培った力が発揮できるようになり、前半の借りを返すかのように攻撃に磨きがかかる。QB山方(済3)の自ら前に行こうとする攻めは相手にプレッシャーを与える。そして、相手の一瞬の隙をつく、QB山際(法2)の正確なパスがTE浅野(国1)へ繋がり、TD成功となる。残り1Qを残して17-20と逆転勝利まであと少しのところまできた。

aw

【写真2】鉄壁のDFを崩すQB山方

4Q、点差を3点差まで縮めることができた龍大にとって目の前の勝利は譲れない。しかし、神大もそれは同じことだ。両校のプライドをかけた試合はまさに激戦であった。しかし、龍大は点差を広げられる形となり、17-22でこの試合を終える。

今回、龍大の今季初勝利見ることはできなかった。しかし、このような熱戦を繰り広げた彼らはこれからも前に進み続けるだろう。敗戦を糧に、日々精進する彼らの勝利後笑顔を次回こそ見たい。

〈浅尾主将のコメント〉
― 試合を振り返ってー
「最初のミスが痛かった。14点差は集中が空回りして起きてしまったことなので改善していきたい」
― 練習で力を入れたことー
「OF攻める、DFはしんどくても守るといったゲームプランをしっかり立てて取り組んだ。しかし、今回それがうまくいかなかった。出だしが悪いことが影響していると思う」
―甲南大戦に向けてー
「全力で挑む。いい練習はできているので、詰めが甘いところを改善したら勝利が見えてくると思う」

〈村田ヘッドコーチのコメント〉
-今試合を振り返って-
「初戦の関大戦で負けたショックから随分と回復できませんでしたが、今試合に向けては気持ちを入れ替えて良い練習をしてきました。今年の神戸大は勢いがあって、一歩及ばずという形になりましたが、DFは随分と立て直されたと思います。SPがキックリターンでビックリターンを許すというのが続いていて、DFがかなり苦しい思いをしていますが、それでも後半は失点に繋がらないようなパフォーマンスをしてくれました。それは大分進歩があったのではないかと思います」
-前半のファンブル-
「SPの問題で、近大戦でもそういったプレーがありました。ビックリターンがあって、OFにボールが回ってくると思ったら、こちらの選手に当たって、ボールを奪われて相手の攻撃が続いてしまうという。修正するために練習は重ねているのですが、取らないで流しておけば良いボールを取りに行って今日も奪われているので、やってやろうという気持ちが空回りしている、まずい方向にいってしまっています。そういう流れが続いているので、ICリターンTDという、チームの流れを変えるくらいのビックプレーも、そこまでには至りませんでした」
-今試合から今後に向けて-
「後半のDFの立て直しが効いて、OFもTDを決め、逆転ができる圏内には戻してきたので、4Qに勝負を賭けようというプランまでは持ってこられたなと思います。その後、DFがここで止めなければならないところで1Dを取られたり、OFがエンドゾーンでセーフティを奪わられたり、してはいけない失点をしているので、そこの反省を次の試合にいかせることができればと思っています。前回の試合と今回の前半がチームでの一番の底だったと思うので、そこから抜け出して次の試合で勝利というのをもぎ取り、自信に変えて入替戦のほうに臨みたいと思います」

(龍魂編集室 記事/渡邊和記 写真/丸山恭佳)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!!
興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ