アメリカンフットボール部

【アメリカンフットボール部】近大に借りを返せず敗戦。

5月27日、EXPO FLASH FIELDにおいて公式試合が行われた。相手は、昨年6月の練習試合で敗北した近大。昨年の雪辱を果たすべく、前半DF陣が奮戦するも、後半、相手の勢いを断ち切れず、近大相手に一矢報いることはできなかった。

晴天の中、始まった第1Q。序盤DFが守り、QB山方(済3)からWR桑田(済4)のパスが成功。桑田のランプレーで1Dを獲得。RB/K金川(文3)が41ヤードのフィールドゴールを決め、3点を先取。DF陣の隙のない守りで第1Q終了。第2Q序盤、OFがパスプレーで攻めるも、インターセプトを取られてしまい、攻守交代。DF陣が奮闘するも、OF陣が攻めきれず、3-0で前半を終える。
15 キック
【この試合唯一の得点を決めた金川】

後半、第3Q。相手のロングパスを止めることができず、不利な状況に。DF陣が圧力をかけていくも、相手にTDを許してしまう。OF陣が仕掛けられないまま第4Q。相手の猛攻に切り崩される形で、またもTDを奪われる。巻き返しを図れず3-14で試合を終えた。
47 DF
【相手OFの攻撃を食い止める谷口(済4)】

前半、DF陣の奮戦が光るも、後半の失速が目立った今試合。今後へ向けての課題が垣間見える内容となった。次戦、秋シーズンと続く試合で、彼らがどのように課題と向き合い克服していくのか、動向を見守っていきたい。

〈村田HCのコメント〉

-今試合を振り返って-
「春のシーズンの3ゲーム目、この時期は1番疲れが出てくる時期で、気力とか体力とかスタミナが切れかかってくる時期なんですよ。この2週間練習、準備をしてきましたが、やはり練習の内容が優れない。あまり良い練習が出来ていないと感じます。しかし、秋のシーズンを考えると、こういう風にシーズン途中でガス欠みたいな状況になってしまうと長いシーズンを乗り切ることが出来ません。そういう話をしながら準備をしてきたのですけれども、案の定なかなかエンジンが掛からないゲーム展開になってしまいました。DFは凄く良かったのですが、OFが後半途中から全く進まなくなって、結果的にDFもガスが切れてしまう形になり、チームとしても非常によろしくない内容だったと思います。」

-現チームの状況-
「フットボールは、SPチーム、OF、DFの3つのユニットがそれぞれ仕事を果たしてはじめて成り立つもので、OFが全くリズムに乗れなければOFの悪いリズムっていうのがDFにも伝染しSPチームにも伝染していくようなかたちになります。もし本当に強いOF、DFを目指すのであれば、そういった状況でも耐えなければならないというところがあるのですが、そこまでの力をまだうちも身につけられていないように感じます。良いDF,強いOFになってきているので満足していますが、goodとgreatの違いってよく言われるんですけれど、goodだけれどgreatではないなっていうところです。」

-今後に向けて-
「春は新しい戦力であるとか、選手をいろいろ試しながら秋に向けて選手の力を評価したり、ゲーム経験を積ませたりしている時期でもあるので、結果にはそんなに重きを置かず、内容の方に重きを置いてゲームをやっています。それにしても、内容も結果もよろしくないというところですよね。ですから、もう一度、自分たちの立ち位置といいますか、もういっぺん原点にかえって、自分たちは1部リーグで下位なんだという所から再出発しなければいけないなというところです。」

〈浅尾主将のコメント〉
「近大は、昨年負けている相手で、昨年負けているというのに、そこに向けての練習では、雰囲気が良くなく、負けるべくして負けた試合だなという印象です。僕らは良いときは、雰囲気良くプレーできますが、一端悪くなってしまったら、雰囲気が落ちてしまうんですよ。落ちたときに立て直すというのを課題にしてやってきたんですが、今日の試合でも出来なくて、それがこの試合結果につながったと思います。今後は、全員が高い意識を持ち、試合に出ている選手、出ていない選手も「相手を倒す」という同じ気持ちでプレーしていきたいです。」

(龍魂編集室 記事/写真 丸山恭佳/上村輝)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!!
興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ