アメリカンフットボール部

【アメリカンフットボール部】 リーグ最終節、敗北で幕を閉じる

11月18日、EXPO FLASH FIELDにおいて関西アメリカンフットボールリーグDiv.1、最終節、対関大戦が行われた。入れ替え戦を回避し、公式戦で未だ勝利のない相手に意気込む龍大であったが、0-34と敵との力の差を痛感する結果となった。

序盤、関大の果敢な攻めにDF陣が耐えるも、FGによって先制点を奪われる。攻守交代後、OF陣のパスプレーにより良い流れができていたが、点数には結びつかない。なかなか攻めきれない龍大は、相手に追加得点を許し、0―20で前半を終える。

後半、DL清原(営3)のタックル、DL恩庄(文3)によるQBサックが決まるなどDF陣の奮闘が多く見られたが、主導権を握れないまま0-34で今季リーグ最終戦を終えた。

amehuto ri-gu

【奮闘したDF陣】

課題が多く残った今シーズンとなったが、それを乗り越え、新たな気持ちで、さらなる飛躍を龍大SEA HORSE

〈村田ヘッドコーチのコメント〉

「立大戦、関学戦とビデオを拝見しましたが、相手が強いのは間違いありません。関大には公式戦で勝利したことがなく、大金星の期待を含めて用意してきましたが、なかなか遠かったです。今季リーグの4位というポジションは、ピーキングの問題で調整が難しく、思うようにいかない部分が多くあり、OF陣が点数を取れなかったというのが来年への反省点です。どのようなチームになっていくか、まだわかりませんが、4年生によるリーダーシップの強いチームにしていきたいです。」

〈吉田主将のコメント〉

「今日勝てば、創部初の関大からの勝利、昨年と同じ順位となるので勝ちたかったですが、日本一になれなかったことが一番悔しいです。同期、支えてくれた仲間、後輩、親の支えがあったからこそやってこられたので、本当に感謝しています。自分のため、家族のためとどんな理由でもいいので、日本一になるという目標を持って挑んでもらいたいです。」

(龍魂編集室 記事/写真 丸山恭佳/上村倫太郎)
龍魂編集室では現在新入部員を募集中!
興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ