アメリカンフットボール部

【アメリカンフットボール部】同志社に敗北 課題が色濃く残る

10月7日、宝ヶ池競技場にて、関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.1、第4節、対同志社が行われた。一戦必勝を心がける龍大だったが、結果は無念の敗北。見据えていた課題を突破することが叶わなかった。

 

曇天の中行われた試合。昨年には同じ舞台にて同相手を下した龍大であったが、その目に油断はなく、勝利に対する渇望のみが表れていた。
第1Q、先攻は同志社だった。巧みなパスワークに龍大は翻弄されてしまい、ラインを詰められ、FGを決められる。返しの龍大の攻撃ではQB上田(経済4)とWR松尾(政4)の連携で敵陣に乗り込むも、あと一歩攻めきれない。その後も勢いを同支社にとられたまま第1Qを終える。

第2Q、依然流れは同志社にあるが、ここで相手の反則に救われTDを逃れる。しかしまたもFGを奪われ、点差は0-6となる。流れを変えるためには逆転の一手であるTDをとるしかない。決心したチームの力を引き出したのはQB上田。敵の守備を潜り抜けパスを通し前線を上げていく。途中には、反則によりラインが下がってしまう不手際もあったが、ここはRB手塚(経営4)が切り込んでいき、状況を打開する。最後は上田の上げたパスをWR桑田(経済3)が受け取りそのままTD。逆転に成功する。

 

【写真1 敵陣に切り込む手塚】

IMG_0600

 

後半が始まり第3Q、このまま流れを持っていきたい龍大だったが、期待とは異なり、勢いは同志社のほうが上となっていた。攻撃では前線を上げられず、相手への好機を作り上げてしまい、今試合3回目のFGを同志社に与えてしまう。
またも危機に陥った龍大。RB手塚のランプレーから、さらなる逆転を狙いに果敢に攻め込むも、あと一歩が遠く、TDを掴めない。そして最後の攻撃の好機を逃してしまい、この試合を敗北。点差7-9の結果で会場を後にした。

 

「課題を克服できなかった」コーチである村田、そして主将吉田(文4)が同じことを口にした。曰く、今代の龍大SEAHORSEには足りないものが多い、とのことだ。その課題をいかになくしていき、自分たちの本領を発揮するかが、これからの龍大SEAHORSEの行く末を決めるだろう。次の相手は格上の関学大。龍の力に期待する。

 

<村田ヘッドコーチのコメント>
「今期で続いている点が取れないという課題を今回解決したいと思って臨みましたが、結局一本しか取れないという形に終わってしまい、成果を出せていなかったと思います。これからその復習をして、気持ちを切り替えて、次回どう戦っていくかを決めていきたいと思います」

<吉田主将のコメント>
「勝つべくして勝とうと思っていましたが、自分たちのミスや成長の少なさが敗北につながってしまったと思います。練習でできていたことが試合でできていないということもあったので、そこで勝負強さというものが問われていたと思います。これからまた、練習を積み重ね、形を作り直していきたいです」

 

(龍魂編集室 記事/写真 上村倫太郎)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ