アメリカンフットボール部

【アメリカンフットボール部】春リーグ交流戦 勝利するも課題残る

6月17日、王子スタジアムにて、春の交流戦、対神戸大が行われた。結果は1312で龍大が勝利するも、選手たちにとっては課題の残る試合となった。

 

 新チーム結束から敗戦が続く龍大。春季最後の試合を勝利で収めたい龍大だが、相手は長年龍大を苦しめてきた好敵手、神大。昨季では勝利を収めたが、油断の出来ない相手に龍大メンバーにも緊張の色が走る。

 前半、龍大DF陣が堅実な守りを見せ神大の攻撃を防ぐが、OF陣が相手のインターセプトを許してしまい、神大の先制点を許してしまう。しかしやられっぱなしではすまない龍大は、リターンにてRB手塚(経営4)が相手の守備を避け、約70ヤードを激走。この攻撃の好機に、最後はRB松村(法4)TDを決め逆転する。勢いはDF陣にも伝播し、DB荒木(経営4)がインターセプトを成功させ、再び龍大の好機。QB上田(経済4)が連続パスでラインを上げ、最後はWR井貝()FGで得点する。その後は神大にFGを許してしまうも、リードを保ち前半を10-3で終える。

 

写真1

【写真1 ラインを上げる手塚】

 

 後半が始まり、攻勢をさらに強めたい龍大だが、神大の固い守りに攻めきることが出来ない。LB宮前(政2)が相手ゴール付近でインターセプトを取るが、この好機もTDまで繋げられず、FGで追加点を奪うことになる。さらに第4Qでは神大の攻撃も苛烈となり、TDを許してしまう。1312で追い詰められた龍大だが、最後の神大の攻撃をDF陣が意地を見せ死守。1点差を守りきり試合を終えた。

 

 辛くも勝利を得た龍大だったが、その内容は課題の多いものだった。「満足のOFではなかった」とRB手塚も語る。リーグ上位に立っている今、勝つだけではなく、高みへ登ることが龍大SEA HORSEに求められている。夏でこの課題をどうやって克服し、チーム全体を高められるかが重要だろう。秋リーグで縦横無尽の活躍を見せる龍大SEA HORSEを期待する。

 

写真2

【写真2 堅固な守備を見せるDF陣】

 

<村田ヘッドコーチのコメント>

「今年の春は勝つこととしっかりとした試合をすることを意識していたが、OFDFともに満足の行く結果にならなかったです。夏の間に、どれだけ時間を有効に使い練習していくかが、秋に向けて重要になってくるでしょう」

 

<手塚選手のコメント>

TDを狙うことを意識し練習してきたが、満足の行く結果にならなかった。夏の間に改善して秋のリーグでは大量得点で勝利していきたいです」

 

(龍魂編集室 記事 上村倫太郎/ 写真 上村輝)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ