アメリカンフットボール部

【アメリカンフットボール部】春リーグ最終戦 雪辱ならず

6月18日、王子スタジアムにて、FLASH BOWL最終節の神戸大戦が行われた。結果は10―14で龍谷大学が敗北。昨年の秋リーグのリベンジを果たせず、春リーグが終わった。

 

前節で勝利を収めた龍大。勢いに乗ると同時に、見つかった課題を消化するためにチーム全体が一致団結する。対戦相手の神戸大は昨年の秋リーグで惜しくも敗北を喫した相手。龍大メンバーは雪辱を誓いフィールドに立つ。先攻は龍大。サイドから攻めるも突破は困難を極める。しかしそれは神戸大も同様。龍大DEF陣が相手の攻撃をことごとく止めていく。そして第1Q終盤。WR桑田(経済2)へのロングパスが成功。さらにその後もパスを繋いでいき相手ゴール直前まで追い込んでいくが、大詰めに神戸大にインターセプトされ、攻撃は失敗に終わる。第2Qも両者の攻めが拮抗し合ったが、龍大の一瞬の隙を突かれ神戸大がまたもインターセプト。そこを起点とされTDを奪われ、0―7で前半が終了した。

 

後半戦、龍大の守り。先制点を取って勢い付く神戸大だったが、龍大のDEFは動じない。相手を全く走らせず、力強く抑え込む。そして龍大の攻撃、QB上田(経済3)のパスとRB藤本(法4)のランによるチームワークで攻めていき、最後はフィールドキックで3点を取り返す。そして運命の第4Q、逆転のチャンスを狙う龍大は、TE松尾(経済3)に通ったパスを起点に攻め込む。そして上田の渾身の疾走からついにTDをとり逆転するが、神戸大の返しの攻撃でTDを取り返される。しかし龍大は諦めない。決死の攻めを展開して更なる逆転を狙うが、リベンジの悲願叶わず、龍大の敗北となる。

 

多くの課題が残った春リーグ。「メンタル面での問題が多く残るリーグだった」と村田ヘッドコーチは振り返る。今回の結果は選手一同にとって悔しいものであることは誰の目から見ても明らかだろう。しかしその悔しさを乗り越え、スローガンである「一戦必勝」を追い求めれば、SEA HORSEはもっと強くなる。次は秋リーグ。上位進出をめざし、頑張れSEA HORSE。

写真4

 

【渾身の守りを見せる龍大DF陣】

 

<村田ヘッドコーチのコメント>

「全体を見たら負けている試合ではなかったが、詰めの甘さが決め手となった。しかし選手たち自身の勝てる要素というのは必ず存在しているので、そこを鍛えていきチーム全体を強くしていきたい」

 

<引野主将のコメント>

「全体的に見たら勝てるはずの試合でした。しかし要所で出ていたプレーの甘さが勝負を決したと思います。秋リーグの初戦は昨年に敗北した京大のため、そこに標準を合わせ、鍛えていきたいと思います」

 

(龍魂編集室 記事/写真 上村倫太郎)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!

龍スポ145号7月20日発行予定!

 

興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ