アメリカンフットボール部

【アメリカンフットボール部 奮闘するもあと一歩及ばず 次節での勝利に期待】

10月11日、EXPO FLASH FIELDにおいて関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.1第4節立命館戦が行われ、3-35で敗れた。

 

先制TDを立命館に許してしまうものの、藤本(法3)が右サイドを駆け上がり敵陣深くまで攻め込むと、新宮(理3)がFGを決め3-7。ここまで全勝の立命館に必死に食らいついていく龍大。しかし前半だけで3TDを許すと流れは少しずつ立命館へ。

 

写真1

【右サイドを駆け上がる藤本】

 

3-21で迎えた後半。なんとか追加点を奪いたい龍大だったが、立命館の強固なDFに阻まれなかなか敵陣に攻め込むことができない。第4Qでは荒木(営2)のインターセプトより得た攻撃権も生かすことができず。結果3-35で試合を終えた。

 

リーグも中盤を迎え1勝3敗の龍大。上位進出の為には残り3試合は絶対に負けられない戦いとなってくる。まずは次節の相手、昨年初勝利を収めた京大に勝利し弾みをつけてもらいたい。

 

写真3

【必死に相手のOFを食い止める龍大DF】

 

〈村田ヘッドコーチのコメント〉

「プラン的にはしっかりと練習したんですが、やはりの個々の力で相手に及ばなかった。選手たちも日々練習で切磋琢磨し合ってるんですけど、より質の高いところで切磋琢磨しなければならないと感じました。この試合フィールドに残してきたものがたくさんあると思うので、残りの3試合悔いの残らないように「一戦必勝」を合言葉に頑張りたいと思います」

 

〈藤本選手のコメント〉

「オフェンスはチャンスを作れるシーンがあったのに、結局3点という結果に終わってしまった。今までゴール前まで行って得点に結び付けないという課題があったので、今回はその課題が出てしまった試合だった。残り3試合は順位に直結してくる試合なので、自分がチームの勝利を導けるようにTD狙っていきたいな思います」

 

(龍魂編集室 記事 村井麻予 / 写真 井上奏子 上村倫太郎)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!

興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ