アメリカンフットボール部

社会人相手に奮闘!!秋への期待高まる

5月23日、ベイコム陸上競技場において第2回尼崎ボウルが行われた。社会人チームであるアサヒ飲料クラブチャレンジャーズとの対戦は10-26の結果に終った。

 

90ヤードを超えるリターンTDを決められ、序盤から力の差を見せつけられる。とはいえ、押されっ放しの龍大ではない。奥井(文2)のインターセプトで攻撃権を奪うと、新宮(理3)がFGを決め3―6に。第2Qでは2回のFGを許してしまったものの3―12で後半に望みを繋げる。

 

写真1

 

【FGを決める新宮 】

 

第3Qでは藤本(法3)や井上(経済3)の走りで徐々に敵陣へと攻めていく。ラインギリギリで井貝(法3)がパスをキャッチしTD。10-12と2点差まで詰め寄る。逆転まであと少しというところで、アサヒ飲料が社会人としての意地を見せる。最終クォーターでTDを2つも決められ10-26と点差を広げられる。終了間際には鶴羽(経済4)がインターセプトを決めるなど、決してあきらめない龍大。しかし健闘むなしく10-26で試合を終えた。

 

 

写真 (2)

【走りでチームに貢献する井上】

 

社会人チームという格上相手にも臆することなく、全力で挑んだ選手たち。この試合から多くのことが収穫できたことだろう。6月には神戸大学との試合が残っている。ぜひとも勝利し、秋のシーズンに弾みをつけてもらいたい。

 

〈村田ヘッドコーチのコメント〉

「第3Qまでは互角の勝負ができたのでよかったのですが、やはり第4Qではアサヒ飲料さんの意地がでてきて、そのまま持ってかれましたね。春の調整という時に、学生相手ではなくルールや知識、経験なども備わっている社会人チームをやれたということは非常に意味があったと思います。」

 

(龍魂編集室 記事 村井麻予/写真 井上奏子)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com まで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ