アメリカンフットボール部

龍産戦!苦い勝ち星

5月17日、南大日グラウンドにおいて龍産戦が行われた。京産大は普段Div.2でプレーしており、今回久しぶりの対戦となった。 27-16と勝利したものの、一時は相手にリードを許すなど、苦しみながらの勝利となった。

 

第1Q、井貝(法3)のTDから先制点を奪うも、なかなか試合の主導権を握ることができない。思うようにプレーできず、もどかしい時間帯が続く。ディフェンス陣が懸命に奮闘するが、逆に自陣内を攻め込まれ、TDを奪われてしまう。その後も追加点を与えてしまい、相手にリードを許す展開に。第3Q終了時、7-16と、9点の差をつけられてしまった。

 

 

写真1 (1)

【相手を食い止める肥田(経営2)】

 

このまま負けるわけにはいかない龍大は最終第4Q、上田(経済2)からのパスを受けた野間(経営3)が左サイドを駆け抜け、TD。その後も立て続けに2本のTDを決めた龍大は見事逆転に成功。勝利への意地を見せ、27-16という結果で試合を終えた。

 

 

写真2

【今年も活躍が期待される藤本(法3)】

 

「うまい具合に機能しない部分が多く、みっともないゲームだった」と辛口評価を下した村田ヘッドコーチ。次戦は春の試合日程の中で山場と位置付ける、アサヒ飲料クラブチャレンジャーズとの試合が予定されている。今回見つかった課題を乗り越え、格上相手に大爆発してくれることを期待したい。

 

〈村田ヘッドコーチのコメント〉

「いろんな選手を使う予定でいたのですが、それがあまりうまくいかなかった。チームの層を考えたときに不安にならざるを得ない結果でしたね。(次戦について)強豪チームですし、完全に胸を借りるようなゲームになると思います。気持ちを臆することなく挑み、何か収穫を得ることができれば、というところです」

 

(龍魂編集室 記事 井上奏子 / 写真 村井麻予)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ