アメリカンフットボール部

運命の最終節!近大との一戦!

11月24日、EXPO FLASH FIELDにおいて関西学生アメリカンフットボールDiv.1最終節近畿大学戦が行われた。7―24で敗れた龍大は2勝5敗、結果6位でシーズンを終えた。

開始直後から近大に流れを持っていかれる龍大。DFが必死に近大の攻撃を食い止めようとするもそのままTDを決められてしまう。TDを挙げたいOFも相手のブロックに阻まれ、なかなか進むことができない。終始近大がリードするなか前半を0―10で終える。17点差で迎えた第4Q。「ブロッカーがしっかりとブロックしてくれていたので、僕はもう走るだけでした」と藤本(法2)が82ヤードを走り切りリターンTDを決める。このまま逆転の波に乗りたい龍大だったが後一歩及ばず。7―24で敗れてしまった。

TDを決めて喜ぶ藤本

TDを決めて喜ぶ藤本

「最後勝って終われなかったのが悔しい」と主将持田(文4)が語るように、試合後の4年生の目から溢れ出た涙は止まらなかった。「日本一」を掲げて挑んだ今シーズン。目標には届かなかったものの、京大に初勝利という快挙も達成した。「思いきってプレーしてもらいたい」という持田のエールを胸に、後輩たちが来年また新たな歴史を作ってくれることだろう。

4年間共に戦ってきた仲間たちと一緒に

4年間共に戦ってきた仲間たちと一緒に

〈村田ヘッドコーチのコメント〉
「昨年より1つ順位を落としてしまったが、1つの目標である京大に勝利したことはチームにとって今後につながる結果だと思う。シーズン通して全力で戦いきれるように選手の質を上げ、層を厚くしていくことが来年に向けての課題だ」

〈主将持田のコメント〉
「最後勝って終われなかったことに悔いは残るんですが、1年間このチームで戦えてよかったなと思います。長いようで短い4年間、正直しんどいことも楽しいこともあったんですが最後までやりきれて良かったです」

(龍魂編集室 記事 村井麻予/写真 井上奏子)

ページの先頭へ

ページの先頭へ