アメリカンフットボール部

京大戦から一転!関大に2勝目挙げられず

9月13日にEXPO FLASH FIELDにおいて関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.1第2節関西大学戦が行われた。開幕戦で京大に創部初の勝利を収めこのまま波に乗りたい龍大だったが惜しくも3-30で敗れた。

序盤からピンチを迎える龍大。自陣数ヤードからの関学の攻撃を必死に耐えるも、第2Qでは2TD、2FGを決められ20点差に。前半を0点で終えるかに思われた龍大にチャンスが訪れる。残り6秒から開始したプレーで関大が反則を犯したことにより、第2Qは終了したものの1プレーの攻撃権を与えられた。奥井(文1)が37ヤードのFGを確実に決め3-20。後半へ望みを繋げる。後半少しでも点差を縮ようとOF陣が奮闘するも、関大の守備は厚く追加点を奪うことができない。逆に関大に追加点を許し3-30。2勝目を挙げることはできなかった。

京大戦からの勢いに乗っていただけに精神的にも手痛い1敗となってしまったこの試合。主将持田(文4)も「京大に勝利したという波に乗って関大にも勝つという思いだったので、悔しいという一言に尽きます」と語った。また次の試合からは立命、関学と更に厳しい戦いが予想される。しかし、怯むことなく全力で試合に臨んでもらいたい。

〈村田ヘッドコーチのコメント〉
「開始直後くらいからフィールドポジションが悪く自分達の流れやリズムを作れないまま、相手に押し込まれてしまった。1カ月間京大対策をしてきて、1週間で関大対策というのはやはり難しいところがあった。次からの強豪校との対戦、厳しいものになるとは分かっているが、集中力を切らさずに試合をする。それにより成長し次に繋げていきたいと思います」

奮闘する龍谷のDF陣

奮闘する龍谷のDF陣

パスを投げようとする竹内(社4) 

パスを投げようとする竹内(社4)

(記事 龍魂編集室 村井麻予/写真 井上奏子・長谷川真美)

ページの先頭へ

ページの先頭へ