アメリカンフットボール部

練習の成果を実らせ勝利した神大戦

5月25日EXPO FLASH FIELDにおいて春季交流戦関西学生大会が行われた。相手は毎年接戦を繰り広げている神戸大学。今年「日本一」を目標に掲げる龍大。勝利はもちろんのこといかに多くの点を取れるかも焦点となってくる。

開始早々に井上(済2)がTDを決め、幸先のいいスタートを切ったかに思われた龍大。だが、すぐに神大にTDを決められる。その後もQBの上田(済1)が自ら走り陣地を挽回しようとするがなかなか得点に結びつかない。前半終了間際には神大にロングランからのTDを決められ、7-14で後半へと進む。前半のチームの浮ついた雰囲気を感じ取った主将持田(文4)。気を引き締めて後半に挑むように選手を鼓舞する。

1年生ながら好プレーをみせるQB6番上田

1年生ながら好プレーをみせるQB6番上田

そのことが後半の流れを変える。第3Qにはまたも井上がTDを決める。DFも迅速かつ果敢に相手へタックルを決め神大の攻撃を断ちきり、試合を有利な方向へと運んでゆく。昨年は第4Qでリズムを崩してしまう傾向があった龍大。しかし、今回の試合では進化した姿を見せてくれた。2TD、1FGを決め30―14。後半は神大に得点を許さず勝利を収めた。

相手へのタックルを決めるDL97番森(営3)

相手へのタックルを決めるDL97番森(営3)

この試合で春の公式戦は終わりとなり、3カ月後には秋のシーズンが始まる。昨シーズン以上の成績を目指す選手達。主将持田を筆頭に龍大SEAHORSEがどのような活躍を見せてくれるのか今から楽しみである。

 

〈村田コーチへのインタビュー〉
「前半の流れを踏まえて、選手が自ら後半に向けて調節するということができるようになったと思いました。(また春の課題であった)相手の癖、特徴をしっかりととらえて修正することが、今回の試合の中ではOF、DF共に実行できたのが良かったです。」

〈主将持田へのインタビュー〉
「練習試合でも公式戦でもなかなか点が取れない状況で、この試合に向けての2週間の練習では、とにかく点を取って勝とうとOFで話し合っていました。それが今日の試合に少しは結びついたかなと思います。」

(記事 龍魂編集室 村井麻予/写真 井上奏子)

ページの先頭へ

ページの先頭へ