アメリカンフットボール部

王者関学に挑むも勝利ならず

5月4日、関西学院第3フィールドにおいて春季交流戦関西学生大会が行われた。昨年、リーグ4連覇を果たした王者関西学院大学との一戦。龍大は相手陣地へなかなか攻め込むことが出来ず、0―30と敗戦を喫した。

試合開始からじりじりと自陣へ押し込まれ、FG(フィールドゴール)で3点を失う。得点を奪い返したい龍大だったが、第2Q開始直後にロングパスからTD(タッチダウン)を決められ相手に追加点を与えてしまう。「オフェンスがチャンスをものにできなかったことが大きい。そこがチーム全体としての課題になっていきます」と村田ヘッドコーチが振り返ったように、攻撃のチャンスを思うように活かすことができない。防戦が続く苦しい展開となるも、ディフェンス陣は粘り強い守りを見せ相手の攻撃を止めようと奮起する。なんとか自分たちの流れにしたい龍大。しかし、後半に入っても相手のペースで試合を運ばれてしまい、点差が開いていく。試合終了間際にもパスを決められ、TDを奪われてしまう。攻撃がつながらず、0―30という悔しい結果で試合を終えた。

新入部員も入り、新主将の下新たな高みを目指し始動した龍大SEAHORSE。今日のこの悔しい思いを次戦にぶつけてほしい。

相手のタックルをかわす39番山田(文2)

相手のタックルをかわす39番山田(文2)

活躍が期待される6番竹内(社4)

活躍が期待される6番竹内(社4)

 

<村田ヘッドコーチのコメント>
「ベストメンバーだけで戦うのではなく、これまでの練習試合も含めたくさんの選手を使ってきた中でメンバーを絞って戦いました。4連覇されている関学なので簡単にはゲームをさせてくれないだろうなと思っていた中で、スペシャルチームの出来は良かったです。そこは今年の強みにしていきたい。ディフェンスはけが人がいて何人も抜けている状況だったので、その中ではよく頑張ってくれたなと思います」

<持田主将(文4)のコメント>
「勝たなければいけなかったという結果がすべてなので。全力で戦うということをやっているので、負けというのは悔しいですね。目の前の敵をひとりひとり、ひとチームひとチーム倒していくことがチームの目標です」

(記事 龍魂編集室 井上奏子/写真 村井麻予)

ページの先頭へ

ページの先頭へ