アメリカンフットボール部

上位進出をかけた大一番。運命の関西大学戦‼

10月13日EXPO FLASH FIELDにおいて関西学生アメリカンフットボール大会Div.1第4節関西大学戦が行われた。前節の京都大学戦に敗れたため、Aクラス入りを目指す龍大にとって昨年3位の関西大学との一戦は重要といえる。上位進出へ龍大SEAHORSEは大一番を迎えた。

試合は拮抗した展開から入る。第1Q10分過ぎまで両校ともに陣地を進めることなく試合は進む。しかし第1Q終了間際に関大にロングパスを通されると、続けざまにランで切り込まれゴール手前まで攻め込まれる。引き続き第2Qに入りこのピンチを防ぎきりたい龍大だったが、最後は関大のランに押し込まれ先制点を奪われる。前半のうちに逆転したい龍大だったがうまく攻めきれない。この苦しい時間をDF陣が奮闘する。川原(国文2)のタックルなどで関大の攻撃の芽を摘み無得点で抑え込む。

TDを決めて喜ぶ新田(右)

前半をわずかなリードで抑え後半の巻き返しにかける龍大。後半開始直後正岡(文2)が素晴らしいタックルでいい流れを作る。このまま流れに乗りたい龍大だったが関大のパス攻撃を止められず追加点を奪われる。このままでは終われない龍大は吉田(済4)のランや竹内(社3)のパスを起点にリズムを作る。関大のペナルティも誘い敵陣まで攻め込むと、竹内から新田(社4)へのラストパスが通りTD(タッチダウン)。FG(フィールドゴール)も決まり関大から7点を奪い取る。この勢いのまま逆転したい龍大だったが、迫りくる時間の中攻撃がうまく繋がらず無情にも試合終了。Aクラス入りの夢は断たれた。

第4節が終わり4戦4敗。ここから後半戦へと入り戦いはさらに熾烈なものとなる。「Aクラス入りは果たせなくなったが残り試合全部勝ってアメフト部の新たな歴史を作る」と新田主将は力強く言った。残りは3戦。まずは迎えるは10月26日の神大戦だ。今こそチーム一丸となって貪欲に今季初勝利を掴みたい。突き進め龍大SEAHORSE!

関大の攻撃を止める出村(文4)のタックル

<村田ヘッドコーチのコメント>
「想定とは全く逆でした。DFが苦しみOFは時間を使うと想定していた。DF陣は良かったと思う。OFが攻撃のリズムを掴むのが遅すぎた。選手からの意見も取り入れながら戦術を決めたがうまくはまらなかった。吉田のランをうまく出していきたい。(神大戦に向けて)昨年負けているのでその悔しさを晴らしたい」

<新田主将のコメント>
「前回の反省として試合終了まで戦いきるというのが出ていた。OFとしては前半温存しつつ後半に勝負をかけるつもりだったが、前半DFに助けられていたのでもっとOFも絡んでいけたら良かった。(次戦に向けて)神戸大学に負けるような取り組みはしてきていないので圧倒的な差できれいに勝ちたい」

<DL(ディフェンスライン)リーダー福井(済4)のコメント>
「龍大のDLは小さいので受け身にならず攻めて、攻めてその結果いいプレーができたらと思っていた。京大戦同様第4Qにズルズルやられたのでそこが反省点。(次戦に向けて)DLとしての一体感を出して、一人一人が自分のプレーをするのではなく全員で止めにいくということを意識したい」

(記事 龍魂編集室 三井雄太/写真 村井麻予・井上奏子)

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ