アメリカンフットボール部

打倒京大でAクラス入りを掴み取れ‼

9月29日にEXPO FLASH FIELDにおいて関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.Ⅰ第3節京都大学戦が行われた。今季Aクラス入りを目標にしている龍谷大学SEA HORSE。そのためには何としても京都大学に勝たなくてはならない。リーグ2戦を終えついに迎えた大一番。昨年7位からAクラス入りへ-。下剋上を起こせるか。

序盤から龍大はいいスタートを切る。竹内(社3)のパスと吉田(済4)のロングランで京大陣に攻め込む。ここで京大のエースQB小原の放ったパスを平野(法3)がインターセプトし攻撃権を奪い返す。このビッグプレーにOF陣が応える。竹内から放たれたロングパスが持田(文3)へと通ると、そのまま持田がエンドゾーンまで持ち込みTDを奪う。トライフォーポイントも新宮(理1)がしっかりと決め京大から先制点を取る。前半はこのまま拮抗した展開が続くが攻守が噛み合い7-0とリードを死守する。

インターセプトを見せた平野

後半開始いきなりピンチを迎える。キックオフで自陣深くまで攻め込まれるとそこからうまく陣地を挽回することができない龍大。そのまま京大にFGを決められ7-3とされる。しかしこの流れをDF陣が変える。京大のQB小原に対して度重なる圧力をかけ京大の攻撃の芽を摘む。竹内から持田へのロングパスが通ると最後は再び竹内のパスから今度は新田(社4)へのTDパスが通る。合計14-3とリードをさらに広げ最終第4Qへ進む。鬼門は第4Qに訪れた。京大のパス攻撃を止めることができず自陣深くまで攻め込まれる。試合終了まで残り3分。最後まで京大のパスを止め切れずTDを取られてしまう。リードをわずかとされ、勝利を掴むため何としても踏ん張りたい場面を迎える龍大。しかし残り11秒。採算の京大のパス攻撃に対応しきれず逆転を許してしまう。このまま試合は終了し結果14-18と悔しい結果に終わった。

ライン際に走り込みTDを取る持田

今季初の1勝を掴みかけていただけにまさかの結果に試合終了のホイッスルが鳴ると選手たちは何とも言えない表情を浮かべた。しかし試合はまだまだ続く。Aクラス入りを果たすためには次戦の関大との一戦に勝たなくてはならない。この悔しさを次戦に生かしてまずは1勝を掴み取れSEA HORSE‼

<村田ヘッドコーチのコメント>
「善戦したとは言えない。第3Qまでは上手くいっていたが、とにかく4Q。第4Qにオフェンスとディフェンスともに上手くいかなかった。同じようなミスが出ていた。前戦までに出ていた課題の一部は修正できていた。勝負がかかった時、際どい状況の時に頑張れるかが強いチームになれるかということだと思う」

<新田主将のコメント>
「自分たちがやってきたことに間違いはなかったと思っているが、どこか相手よりも劣っていたところがあったということだと思う。その足りなかったことが何かということが今は分からないので4年生で話し合いたい。Aクラス入りという一度決めた目標を果たす為には関大に勝たなくてはいけないので、その目標を再確認して何が必要かということを意識して関大戦にむけて準備していきたい」

(記事 龍魂編集室 三井雄太/写真 佐藤和季・村井麻予・井上奏子)

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ