アメリカンフットボール部

王者関学に挑め‼掴めるか今季初勝利

9月15日EXPO FLASH FIELDにおいて関西学生アメリカンフットボール大会Div.1第2節関西学院大学戦が行われた。大雨というコンディションの中初勝利を手にするため挑む龍大。迎える相手はリーグ4連覇をかける関西学院大学。強敵を前に立ち向かった龍大だが2-45と初勝利は次戦へと持ち越された。

ファンブルリターンを見せた廣吉

序盤龍大は攻めきれない展開となる。一投目こそ成功したものの強くなる雨足を前に攻撃の起点となる竹内(社3)のパスがうまく繋がらずゲインを奪えない。苦しむ龍大の流れを変えたのはラインバック陣。新入生の加入で層の厚くなったラインバック陣はエースの吉田(済4)を中心として井上(済1)などのランも絡め連続でドライブに成功する。TDこそ奪えなかったが関学陣内深くまで押し込むことに成功する。DF陣も奮闘する。出村(文4)のタックルに関学がファンブルすると、そのボールを廣吉(法2)がファンブルリターンに成功するなど関学の攻撃をシャットダウンする。

後半に巻き返しを図る龍大だが第3Q開始直後、関学のキックオフリターンを止め切れずそのままTDを奪われる。得点を取りたい龍大はラスト第4Qへ。関学攻撃陣に対してプレッシャーかけ続けた龍大DF陣は関学から自殺点となるセーフティーで得点を奪う。前半吉田のランでロングゲインを奪うなど随所にいいプレーを見せたものの、王者関学の壁は高くTDを奪えず試合終了。今季初勝利は次戦の京大戦へと持ち越された。

ロングゲインを奪う吉田

<村田ヘッドコーチのコメント>
「強いチームと戦うにあたってこちらがミスをすると勝ち目がなくなる。リターンTDなどで奪われたTDが3本あり、それで完全にゲームの流れを持っていかれた。竹内も非常にいいパスを投げていたので晴れてほしかった。それでも後半最後に気持ちのこもったドライブなどができていたのでオフェンス陣としては良かったと思う。DFは一列目二列目がしっかりタックルできることが課題。良い材料も悪い材料も出た試合だった。(次戦に向けて)(京大は)一つの対戦相手としか見ていない。選手としては京大に勝ちたいという気持ちを爆発させてくれたらと思う」

<新田(社4)主将のコメント>
「気持ちの面とか雰囲気とかは立命戦以上のものを出せたが、立命戦が終わって二週間結果を求めてやっていこうと言っていたにも関わらずOFは点を取れず、立命戦では出なかったミスが出てきてしまったので、そこを修正していきたい」

(記事 龍魂編集室 三井雄太/写真 村井麻予)

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ