アメリカンフットボール部

好調が続く! 練習試合で同志社大に勝利

大雨の中の同志社戦。

K.O.後の1stシリーズはディフェンスにミスが多くランで自陣深くまで攻められた。オフェンスは#9(TB奥田幸樹(営・4)のランで敵陣5ヤード付近に進むが得点できず、FGも外し中々流れを掴めない。しかしディフェンスの激しいタックル、#25(SF酒井郁也(社・4)のインターセプトで前半の相手の攻撃を封じた。

後半開始のK.O.で良いフィールドポジションを得た最初の攻撃。#9がエンドゾーンまで走りきり先制タッチダウン。流れが龍大に向き、ディフェンスの集まりも良くなり#49(#49 LB金山拓実(法・2)のインターセプトなどで同志社のゲインを許さない。4Qに#6(#6 QB上西卓人(文・3)から#7(#7 WR堀覚斗(済・3)へのTDパスが決まり再び引き離す。ゴール前まで追い込まれたがファンブルリカバーで点を与えないディフェンスに続き、#9のとどめのTDにより21対0にて同志社の息の根を止めた。

ページの先頭へ

ページの先頭へ