アメリカンフットボール部

【アメリカンフットボール部】JV戦を見事勝利という形で終えた

5月5日、関西大学千里山中央グランドにおいてJV(Junior Varsity)戦が行われた。JV戦とは控え選手や下級生を中心に出場機会を与えるため行われる試合である。そんな中行われた今試合は、強豪関大との一戦となった。お互い一進一退の攻防をみせるが、試合の主導権を終始握り続けたのは龍大であった。2TD、1FGで16―0のスコアを収め、勝利した。

新体制となってから練習時間をあまりとれていない中試合は始まった。第1Qはお互いに攻めきることができずに終了する。続く第2Qで試合が大きく動く。相手のパントミスから攻撃権を得た龍大は、QB山際(法2)がランとパスを上手く使い分け敵陣約20ヤードまで押し込むも足止めを食らう。4ダウンで龍大が選択したのはK金川(文3)によるFG。これをしっかりと決め、先制点を奪う。これで流れを作り、すぐさま攻撃権を得るとQB山際からWR奥村(国際2)へのロングパスが決まり敵陣深くまで入り込み、その後の攻撃でTDを奪い得点を10-0として後半へと試合は移る。
山際
【2年生ながらしっかりとゲームメイクをした山際】

ハーフタイムを終え、迎えた第3Qは開始早々ピンチを招く。味方選手がファンブルしたボールを相手がリカバーし、自陣6ヤード地点で攻撃権が相手へと移ってしまう。絶体絶命のピンチの中DF陣は奮起する。4回の攻撃のうち相手が獲得したヤードはわずか3ヤードとTDを許さず、このピンチを脱する。その後の戦局は膠着し第4Qに入ってもそれは変わらなかった。しかし残り時間6分頃にQB山際がWR奥村へのTDパスを決める。これについて山際は「DFが終わらせた場所がいいフィールドポジションだったので、OFLがここで1本決めなければいけないと思い立ちました。その時に、ちょうどいいところにWR奥村が走ってくれたので投げ込むだけでした」と述べた。この流れをしっかりと維持しながら相手の攻撃に耐え、見事16―0という結果でこの試合を締めくくった。
DF陣
【相手TDを決して許さなかったDF陣】

JV戦とはいえ上位チームである関大相手に快勝したという結果は、上級生たちに対し、いいプレッシャーをかけることができたのではないであろうか。お互いに刺激し合いながら力をさらにつけ、来たる秋リーグで龍大の快進撃を魅せろ。

〈村田HCのコメント〉
「1年生は4月から入ったばっかり子がほとんどの中、しっかりと役割を覚えてそれなりに活躍してくれたことは明るい材料になったと思います。QBは山際がいいパフォーマンスをしてくれたので、これで山方(済3)にもいい意味でのプレッシャーをかけてくれたので、いいQBが競争してチームのレベルが上がって行けばいいなと思います。(夏前までにつけておきたい力について)今年は特にOFの方がOFL・QBがどうなるのであろうという感じでスタートしているシーズンなので、まずはOFLがしっかりと一体感を築きながら機能していくようにしなければいけないと同時に、OFLに守られた状態でQBがしっかりとパスを決めるというのを目指して練習してきているのでそこのところが上手く機能しだしたらチームも良くなると思います。DFは去年までのスターターがほとんど残っていますので大きな損失はなく安定しているが安定しているだけでは上位チームには勝てないので圧倒できる力強さがほしいですね」

〈山際選手のコメント〉
「先週から練習で上手に決まっていなかったんですが、今日の試合で結果を残すことができればJV戦とはいえ先輩に食らいつけるところがあったので、今回練習から真剣に取り組んで結果を残すことが出来て良かったです」

(龍魂編集室 記事/写真 上村輝/丸山恭佳)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!!
興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ