アメリカンフットボール部

【アメリカンフットボール部】開幕!!秋リーグ!! 初戦から熱戦繰り広げる

8月26日、EXPO FLASH FIELDで関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.1が行われ、龍大は去年リーグ5位の甲南大との開幕戦に臨んだ。前半甲南大に先制のTDを決められ終了間際には、FGも決められ劣勢の状況で試合を折り返す。しかし後半の龍大は、相手にペースを握らせずに2本のTDを決め逆転勝利を収める。

前半開始早々、相手の猛攻を受けゴール前まで押されDF陣が死守するが、TDを奪われ試合の主導権を握られてしまう。中盤ではQB上田(済4)のランなどで敵陣深くまで攻め込みFGのチャンスを掴むもこれを外してしまう。いやな雰囲気が漂う中、DL浅尾(営3)のQBサックなどDF陣が奮闘し、この雰囲気を打開しようとするがなかなか上手くはいかず前半終了間際に今度は相手にFGのチャンスを与え、きっちりと決められ0-10で試合を折り返す。

写真 上田

【写真】冷静に味方を使いこなした上田

後半の龍大はRB手塚(営4)のロングランや、この日2本目のQBサックをDL葛原(法3)が決めるなど前半に握られた流れを徐々に握り返していく。相手のパントを38ヤードの大幅なリターンをし、その勢いから生まれた相手のミスを上田は見逃さずにTDする。追い上げムードが会場に立ち込める中で、DF陣はそのムードを壊さず相手OF陣に仕事をさせない。このいい流れをOF陣が受け継ぎ、ランとパスを上手く使い分け敵陣に切り込んでいく。試合終了間際に上田からのパスをWR松尾(政4)が受けTDを奪う。これが決勝点となり14-10で試合終了。

写真 全体

【写真】逆転勝利に喜びを見せる選手たち

春に行った練習試合では惨敗を喫した相手に対して勝利を収める事が出来た事は龍大SEA HORSEが夏の期間を過ごし、成長している事が分かる試合となった。まだまだリーグは始まったばかりであるが、この期間中も選手たちは成長をし続けるはずである。是非とも去年の成績を越してもらいたい。

〈村田ヘッドコーチのコメント〉
「春は順調にいかず連戦連敗が続き、苦しかったですが、その点を踏まえれば、DFは最初の甲南のドライブ以外はほぼ完璧に仕上がっていました。OFの方はもう少し点をとれるようにしなければならない反省点が出た試合でした。次の相手は難敵の京大ですので、こちらもしっかりと準備をして2連勝でリーグを始めていきたいと思います」

〈吉田主将のコメント〉
「前半DFが上手くいかなくて流れが悪かったのでそこは見直すべきところです。後半入るときに前半やられた分DFはちゃんと0点に抑えてすぐにボールをOFに回してあげようと思い、ボールを確保していったのでそれはDFとして良かったと思います。今日の調子だったら次の京大戦負けてしまうので、天狗にならず1からチームを作っていきたいと思います」

(龍魂編集室 記事 上村輝/写真 丸山恭佳、上村倫太郎)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ