アメリカンフットボール部

好調が続く! 練習試合で同志社大に勝利

大雨の中の同志社戦。

K.O.後の1stシリーズはディフェンスにミスが多くランで自陣深くまで攻められた。オフェンスは#9(TB奥田幸樹(営・4)のランで敵陣5ヤード付近に進むが得点できず、FGも外し中々流れを掴めない。しかしディフェンスの激しいタックル、#25(SF酒井郁也(社・4)のインターセプトで前半の相手の攻撃を封じた。

後半開始のK.O.で良いフィールドポジションを得た最初の攻撃。#9がエンドゾーンまで走りきり先制タッチダウン。流れが龍大に向き、ディフェンスの集まりも良くなり#49(#49 LB金山拓実(法・2)のインターセプトなどで同志社のゲインを許さない。4Qに#6(#6 QB上西卓人(文・3)から#7(#7 WR堀覚斗(済・3)へのTDパスが決まり再び引き離す。ゴール前まで追い込まれたがファンブルリカバーで点を与えないディフェンスに続き、#9のとどめのTDにより21対0にて同志社の息の根を止めた。

Division1のライバル、甲南大学に勝利!

甲南大学に快勝! 5月15日、エキスポフラッシュフィールドで、龍谷大学vs甲南大学の一戦がおこなわれた。秋から始まるDivision1のリーグ戦で対戦する甲南大学との戦いは、龍谷大学シーホースの力がどこまで通用するのかを確認する重要な試合だ。
序盤はお互い攻めきれず無得点、第2クオーターに甲南大学に先制されたが、その後、龍谷のパスが次々と決まりだした。龍谷はラインとパスの両方を支配し、終わってみれば35対7と快勝だった。しかし龍谷の目標はDivision1残留ではなく、あくまで勝利だ! 今日の結果に満足せず、に向けてチーム力向上を目指してほしい。

龍谷大学アメリカンフットボール部http://www.seahorse-web.com/

関西学生アメリカンフットボール連盟http://www.kansai-football.jp/

ページの先頭へ

ページの先頭へ